縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

アルミねじ式ばね口バッグAW@リトマス国立

おとなの手芸・洋裁教室~24㎝アルミねじ式ばね口バッグAW~」終了しました。

今回も、受講生の方がお持ちになったテキスタイルで、オリジナルの一点が出来上がりました。
左は、お召しになっていた洋服とテイストが揃ったテキスタイル、右は羊毛作家さんがウール地に羊毛でドットを付けたオリジナルテキスタイル。
アルミねじ式ばね口バッグAW
素敵でしょ~

リトマス国立で、制作中の様子…真剣です。
アルミねじ式ばね口バッグAW アルミねじ式ばね口バッグAW
職業用ミシンをお使いいただきました。

24㎝アルミねじ式口金、一つ不良品があって、苦戦しました。
別のものと交換して完成させていただき、自宅に帰って無理矢理はめ込んだら、ねじが折れました!!!
材料も、たくさん購入しているとまれにこういうケースがあります。

さて、次回は10月19日(木)10時~12時です。
おとなの手芸・洋裁教室」で、一つずつステップアップして行きませんか?

【「おとなの手芸・洋裁教室リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールでお願いします。

今回AW用のサンプルを製作しました。表布は、日本のテキスタイルデザイナーさんオリジナルデザインです。
アルミねじ式ばね口バッグAW アルミねじ式ばね口バッグAW

関連記事
スポンサーサイト
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

遠くからも近くからも

おとなの手芸・洋裁教室がま口編~」@武蔵小金井終了しました。
今回は、大変遠方から高速バスでおいでになった受講生の方と、お近くですが継続してご参加いただいている方のお二人でした。

初回カリキュラムは、「縫わずにできる」印鑑がま口とミニがま口を実習いただきます。
まずがま口の構造を知り、口金を付けることに慣れていただきます。

がま口9月

ソレイアードの印鑑がま口と東レエクセーヌのミニがま口。

それから、今回で8回目のご参加の受講生の方は、長財布に挑戦されました。
初めの頃は、口金を付けるのに苦労されていましたが、最近ではすっかり慣れて、ポイントを押さえて実習されています。

がま口9月

がま口9月

中は、仕切りと蛇腹付き。
2時間で裁断から始めて仕上げるために、中の構造は仕切りorポケットorファスナー付き・・・と仕様を悩みました。
今回は、蛇腹の構造等が初めてだったので、一番シンプルな仕切りの仕様にしました。
基礎が分かれば、応用の幅も広がります。

準備して行った段階標本と実習中の真剣な様子。
がま口9月 がま口9月 がま口9月

次回は、10回目の最後のクラスです。

【日時】10月10日(火)14時~16時
【場所】手芸カフェ「まにあ~な」@武蔵小金井
【参加費】受講料 2700円(税込み)+材料費1800円前後(税込み)+ミシン使用料324円(税込み)
【定員】4名前後
【内容】初回参加者は、「縫わずにできる印鑑がま口」と「ミニがま口」以下、カリキュラムに沿って順番に受講いただきます。

※手芸カフェ「まにあ~な」アトリエをお借りした「おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~」は10月で終了となります。

11月からは、リトマス国立でのクラスにご参加ください。

【「おとなの手芸・洋裁教室リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールでお願いします。

一つずつステップアップしていくがま口教室です。
皆さまのご参加をお待ちしております

関連記事
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

小学生は妥協しない!

小学生手芸教室ルシアンの布に刺繍をしてラベンダーサシェを作ろう!~」@「ゆーから国立、終了しました。

小学生の手芸教室~ルシアンでサシェ

小学生の手芸教室~ルシアンでサシェ

小学生の手芸教室~ルシアンでサシェ 小学生の手芸教室~ルシアンでサシェ
P1100262.jpg 小学生の手芸教室~ルシアンでサシェ

ネエサンは1人か2人刺繍してもらう心づもりでしたが、沢山刺繍したい!という意欲が強く、延長してしまいました。
お迎えの保護者の方々には、お待ちいただくことになり申し訳ありませんでした。
お互いに教え合ったり、手を貸し合ったり、デザインに刺激を受けたりして、納得いくまで取り組みました。
1年前の5月は、針に糸を通すのも、玉結びも、玉止めも、一人一人手をかけて、講師汗だくでしたが、今回は「やりたい!」という意欲と妥協しない姿勢に、子供たちの成長を感じました。

次回は、10月14日(土)「はじめてのファスナー付け~E-sewingさんのミシンでテトラポーチを作ろう!~」です。
【日時】10月14日(土) 1回目 13時~15時 残席4名様
               2回目 15時~17時 ※満席となりました。
【場所】 E-sewing国立
【参加費】 1500円
【持ち物】 小ばさみ・水分補給用の水筒
【内容】 E-sewingさんのミシンで、初めてのファスナー付けを実習し、10cm or 12cmのテトラポーチを製作します。
【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォームよりお願いします。

テトラポーチ

10/14実施でハロウィン柄だと、時期限定になってしまうので、只今かわいいビニールコーティング地を探しています。
サンプルお待ちください。

小さな積み重ねで、少しずつ上達していく小学生の手芸教室は、私にとってもかけがえのない時間です。
保護者の皆様のご理解とご協力に感謝します

関連記事

ご褒美だなんて浮かれていたら…

マガジンランド主催「贈る」展、テーマ「華やか」で『DMC株式会社賞』をいただきました。
このご褒美を人参代わりに、これからも精進してまいりたいと思っております。

…等と浮かれていたら、DMC株式会社様より賞品が届きました。
DMC賞賞品

DMC創業270周年記念限定販売24金刺繍糸(日本限定500個販売、シリアル番号入り)と、25番糸マルチカラー刺繍糸「Coloris」全24色セット、DMC株式会社様よりお手紙。

嬉しいのはもちろんですが、これはご褒美だなどといって浮かれてはいられない、
DMC賞を授けるからには、今後はもっと腰を据えて刺繍を精進しなさい」
という暗黙のプレッシャーと理解しました。

実は6月ごろから、DMCの刺繍糸を使うお仕事のお手伝いをさせていただいておりました。
まだ、詳しくはお話しできませんが、今年は「縫い工房」にとってDMC株式会社様とご縁がある年なのだと思います。

このような賞と賞品をいただき、これからも師匠野田はな子先生ご指導の元、修行を続けて参ります!

それからコンテスト後、いろいろな話が耳に入って参ります。
このマガジンランド主催のコンテストは、エントリーする作り手が目標を自分で設定できるところが魅力だと思っています。
入賞を目指すもよし、銀座のギャラリーに展示されることを目標にするもよし、コンテストの為にいつもより力を入れて作品制作をするもよし、それらの目標の設定は自由です。
そして、このコンテストに参加する自由同様、参加しないという選択肢もまた自由であること。
全て自分の責任で選ぶ事が出来、また、自分で選ぶ必要があります。
以上、コンテストを終了して感じたことを述べました

閑話休題

さて、「Handicraft Artist展~冬じたく~」まで1か月を切り、フェイスブックイベントページでご参加アーティストのご紹介を始めました。
「ギャラリービブリオ」オーナー様のブログでも、余さずご紹介いただいております。
宜しければお出かけください。こちら→🍀

関連記事
Category : 刺しゅう
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

おとなの手芸・洋裁教室@リトマス~アルミねじ式ばね口バッグAW編~

おとなの手芸・洋裁教室リトマス国立」9月は、『24cmアルミねじ式ばね口バッグAWを作ろう!』を開催します。
今年初めに2回開催した内容を、秋冬物(AW)の布で作りませんか?

【日時】9月21日(木)10時~12時
【場所}「リトマス」 〒186-0002 東京都 国立市東京都国立市東1-4-6 アクセス詳細はこちら→(🍀
【定員】残席2名様
【参加費】講習料2500円+材料費2500円(税込み価格)
※材料費に含むもの(裏布・キルト芯・24㎝アルミねじ式ばね口金・底板・オリジナルパターン)
表布はお好みの布とミシン糸(♯60)をお持ちください。
 バッグ本体 110㎝幅×50㎝
 持ち手   110㎝幅×10㎝
 持ち手とバッグ本体を同じ布にする場合は、合わせて110㎝幅×60cm

【持ち物】裁断鋏・糸切り鋏・待ち針・目打ちなどの基本的な洋裁用具とお好きな表布(上記要尺)
【お申込み・お問い合わせ】講師野村まで、ブログサイド欄のメールフォームまたは下記のアドレスにメールをお送りください。
    nuikouboun★yahoo.co.jp (★を@に変えて)

こちらの画像は、春夏(SS)バージョンです。
秋冬物のテキスタイルで作りませんか?
アルミねじ式ばね口金バッグ
アルミねじ式ばね口金バッグ アルミねじ式ばね口金バッグ

職業用ミシンを使用して縫います。

関連記事
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback