縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

いろいろ考える小学生の手芸教室

小学生手芸教室10月はE-sewing国立」をお借りして、はじめてのファスナー付け=テトラポーチを作ろう!でした。

実習中に
「今日作っているのは何ポーチかな?」と質問すると
「三角ポーチ!!!」と声を揃えて返事があり、さらに
テトラポーチって言うんだけど、知ってる?」と訊くと
「算数で出てきた!」という答え。
算数はどんな単元だったのか?気になるところです。

さて、初めてのファスナー付け=テトラポーチは、ビニールコーティング地と布帛2種類を余裕で仕上げ、1回目の5年生はロックミシンの実習とミニ巾着を仕上げました。
小学生の手芸教室~テトラポーチ

小学生の手芸教室~テトラポーチ

そして、2回目の4年生も余裕で終了し、「E-sewing国立店」家庭用ミシンの飾り縫いや刺繍機能を体験しました。
小学生の手芸教室~テトラポーチ

仲良く並んで縫っています。
小学生の手芸教室~テトラポーチ 小学生の手芸教室~テトラポーチ
小学生の手芸教室~テトラポーチ 小学生の手芸教室~テトラポーチ
小学生の手芸教室~テトラポーチ 小学生の手芸教室~テトラポーチ 小学生の手芸教室~テトラポーチ 
お互いに教え合ったり、相談したり…小学校でのグループ学習の様子が伺えます。

実は、小学生の手芸教室カリキュラム内容には、毎回いろいろ考えます。
新しい技術を取り入れて、楽しく、2時間で完成できるように、デザインや仕様、準備その他おとなの手芸・洋裁教室とは違う構成にしています。
例えば今回のテトラポーチ、「縫い工房」の作品として販売する場合はボールチェーンを使用して、縫い代はバイアステープで始末します。
小学生の「初めてのファスナー付け」では、その仕様だとハードルが高いので、ファスナーは出来上がり寸法より長いものを準備して、ファスナー付け位置よりスライダーを下げて置いてファスナーを付け、三角の辺を縫った後に余分な長さをカットしています。
ファスナーをカットするので、小学生はもったいないと感じるようで
「どうしてこんなに残るの?」
という疑問を持つようですが、ファスナー付け寸法とファスナーが同じ長さだと、スライダーを移動しながらミシンをかける必要があり、それは難しい。
また、ビニールコーティング地を使用することで縫い代の始末を省略したり、布帛の方は表布に接着芯を貼り、内布と合わせて周囲にロックミシンをかけて準備して置いたりします。
その分、ファスナー横に付けるレースを選んだり、余裕をもって終了したら、自由にミシンを使ってみる時間を取ったりするようにしています。

楽しく、簡単に出来、布やレースを選んで合わせる楽しさも経験して欲しいと思っています。

今回も「E-sewing国立店」のご協力をいただき、実現しました。
ありがとうございます。
地元の頼れるミシン屋さん「E-sewinn」 HPはこちら→🍀

さて、来月は11月18日(土)「ゆーから」にて、クリスマスアイテムを作ります。
サンプルお待ちください


関連記事
スポンサーサイト
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

縫い針のお話

金沢の縫いをいただきました。

目細八郎兵衛商店 天将三年(1575)創業の老舗です。HPはこちら→🍀

縫いは、Bunkaに入学した時に双鳳のメリケンの長と短6番~9番が洋裁セットに入っており、以来買い足して主に長を使用しています。
これはメリケン針と呼ばれるもので、いわゆる洋針ですね。
余談ですが、メリケンはAmericanから来た呼び名です。メリケン粉などと言う言葉も聞きます…既に死語?

前にも書きましたが、ミシン針は号数が大きくなるにつれて太くなり、手縫い針は反対に数字が小さいほど太くなります。

こちらがめぼそ針
右から「め不そ」と表示してあります。
右がめぼそ針三ノ三…三番目の太さで三番目の長さの意味=長さ39.4㎜太さ0.71㎜。
左が双鳳の長針7番=長さ37.9㎜太さ0.71mm 三ノ三と同じくらいの太さかな?と思って調べたら丁度同じサイズでした。
めぼそ針

めぼそ針の方がほんの少し長くて、写真では分かりにくいですが、先が細くなっています。

この写真は、上が双鳳、下がめぼそ針です。
めぼそ針

試しに縫ってみると、持つ部分の太さは変わらないのですが、めぼそ針の方が先が細く、ストレスなくすいすい運針できます。

長さもちょうどよく・・・実は長針が好きで、短針は使わないので差し上げてしまいました。
長いこと双鳳の縫い針を使っていますが、めぼそ針も縫いやすい…沢山縫う時はストレスなく縫える針が大事ですね。
流石、日本の技術は素晴らしい。

目細八郎兵衛商店は、釣りの毛ばりも作っているのをTVで観ました。

旅先で、私好みの針を買って来てくれた友人に、感謝します

関連記事
Category : 道具
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

縫製工場見学に行きませんか?

中野に「辻洋装店」という縫製工場があります。
Bunka在職中お世話になった現役の講師の方が、毎年学生を見学に連れて行っている記事を拝読して、自分も是非見学したい!と思い、「辻洋装店」にご紹介いただきました。

随分前に、イベントあれこれ一段落したら・・・と10月17日(火)13時30分~工場見学をお申込みしておりました。

いよいよ、来週火曜日に参ります。

只今一緒に工場見学に行って下さる方を募集中です。
参加費は、工場への手土産÷参加人数のみえす。

今回限りの企画ですので、都内23区内の貴重な縫製工場を見学されたい方は、是非ご参加ください。

工場見学辻洋装店アトリエ見学』
【日時】 10月17日(火)13時30分~1時間半程度
【場所】 「辻洋装店アトリエ HPはこちら→🍀
【集合場所】 中野駅改札口 13時10分 ※集合後徒歩15分のアトリエに行きます。
      アトリエに直接集合する場合は 13時25分集合
      中野駅からのアクセスはこちら→🍀
【参加費】 先様への手土産÷参加人数
【お申込み・お問い合わせ】 縫い工房ブログサイド欄のメールフォーム あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp(★を@に替えて)までメールをお送りください。
【締め切り】10月15日(日)20時 ※16日(月)に参加確定人数を「辻洋装店」にお知らせします。

一人ではなかなか経験できない、縫製工場見学に一緒に行きませんか?

原型イラスト

関連記事
Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

9回目はあおりがま口バッグ

『おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~』9回目のカリキュラムは、「がま口バッグ」です。
今回は、受講生の方のリクエストであおり型がま口バッグを実習しました。

職業用ミシンで、印付けをしないで縫製します。
がま口教室

内袋は、ストライプ。大きな背面ポケット付き。
がま口教室受講生作品

表布も内布も、受講生の方のセレクトです。
裁断から始めて2時間でここまで完成!
がま口教室受講生作品
口金と持ち手は、宿題となりました。
縫い直しがないと、短時間で仕上がります。
完成後の写真はしばらくお待ちください
講師サンプル作品はこちら。あおりがま口バッグ

そしてこちらは、受講生の方がビーズ刺繍をして制作された作品です。
がま口は、こんな風に刺繍のデザインを生かせるところも魅力ですね。
使い勝手の良い大きさで、使うたびにビーズ刺繍をうっとり眺めてしまいそうです
がま口教室受講生作品

内布も明るい布を選んだので、中が見やすくて機能的。
がま口教室受講生作品

週末開催した『Handicraft Artist展~冬じたく~』にご来場いただいた過去の受講生の方々が、ご自身でトッピングされたり、スモッキングや刺繍を生かしたアルミばね口バッグをお持ちになり、見せていただきました。
写真を撮らせていただけば良かった…と悔やまれます。もしもブログをご覧いただいていたら、写真をお送りくださいね!
ご紹介させていただきたいと思います。
教室で作品を制作してそれでお終いではなく、その後ご自身のオリジナルデザインで制作していただいているということは、講師としてこの上ない喜びです。

皆さんも、オリジナルのがま口を作れるようになりたいと思いませんか?

『おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~』は、がま口初心者から段階的にステップアップして行くカリキュラムを組んでいます。
まずは、「縫わずにできるがま口印鑑入れ&ミニがま口」でがま口の構造を理解していただきます。
がま口印鑑ポーチ(トワルドジュイ)


【「おとなの手芸・洋裁教室」リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス」国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ「人気のあおりがま口バッグ」
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールをお送りください。
がま口イラスト

関連記事
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

冬じたく終了ました。

Handicraft Artist展冬じたく~』無事終了しました。
遠くから、近くからご来場いただいた皆様、ご参加いただいたアーティストの皆様、「ギャラリービブリオ」様、応援してくださった皆様、
ありがとうございました!

国立から発信する!」をコンセプトに、初めての国立での企画展は、多くの人々のお力を借りて開催することが出来ました。

【かなねこや】さんのイラストDMは、温かく人気があり、足りなくなるほどでした。
冬じたくDM

今回の反省点を検討して、来年以降継続的に開催して行ければ・・・と思っています。

さて、兵どもが夢のあと…「ギャラリービブリオ」さんはすっかり元の姿に。
今回、パネルやボックスなどの什器をお借りしましたが、中でもこちらの2点は【kurusilver】さんがお持ちになったディスプレイ什器と雰囲気がぴったりでした。
左は、ビブリオオーナー様がむか~し技術の授業で製作した本棚を縦に使用したもの。
ビブリオ什器 ビブリオ什器
右の棚は、ビブリオオーナー様が譲り受けたお品と伺っています。

純和風のギャラリーで、どんなディスプレイが可能なのか?
不安に思っていましたが、イベント経験豊かなアーティストの皆様が、それぞれご自身の世界観を表現したディスプレイをしてくださいました。
さすがですね

ご来場いただけなかった方のために、もう一度ディスプレイ写真を掲載します。
※小さい写真はクリックすると大きくご覧いただけます。
冬じたく 冬じたく 冬じたく
冬じたく 冬じたく 冬じたく
冬じたく 冬じたく 冬じたく

アーティストの皆さんは、精力的に活動されています。
これからも応援していただければ、嬉しいです。

心よりありがとうの言葉を言わせてください。
また来年、国立でお会いできますように

関連記事
Category : イベント
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback