縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

これは何でしょう?

これは何でしょう?

?

と文鎮です。
と言ってもB1サイズの作図用です。
クラフト紙薄」という種類です。
自分用の作図には、近所の文具店で売っているロール紙を使っています。
Bunkaでは作図用の事をハトロン紙と呼んでいましたが、地元文具店のハトロン紙は茶色い縦線の入った薄紙で、B1タイプの作図用紙をロール紙と呼んで区別しているようです。

グレーディングのお仕事をいただいたので、納品の為には、ロール紙ではなくて、もっとしっかりしたクラフト紙が必要でした。
市内では手に入らないので、手芸カフェ「まにあ~な」さんで購入しました。
手芸カフェ「まにあ~な」詳細はこちら→(🍀

仕事に必要な材料が、どこに行けば必ず手に入るのか?
普段から、それを見極めておくことも必要ですね。

さて、グレーディングですが、アメリカパターングレーディングするご依頼です。
そのアメリカパターンの紙がすごいの!
どのようにすごいのか?というと、まず紙がへなへなです。
洋服を買うと包んでくれる薄い和紙のような紙がありますね?
あれをほんの少し肉厚に(丈夫に?)したような感じ。
それにパターンが印刷してあり、パターンの中に、定規として利用できる定規のような目盛りも印刷してありました。
仕事でお預かりしたパターンなので、お見せできないのが残念です

SNSでアメリカのソーインググループに入っていて、時々「このパターンを使って縫いました」という記事を目にしていましたが、中身はこのような物だったのですねぇ。
今更ながら、初めて知ったことでした。
イラスト ピンクッション

スポンサーサイト
Category : パターン
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

キャミソールのことなど

少し前、双子girlのインナー用に、カットソーでキャミソールを作りました。
キャミソール(カットソー) 
同じパターンを展開して、こちらは断捨離オーガニックコットンダブルガーゼ(羊柄)のキャミソール
キャミソール(ダブルガーゼ)
1枚目もボディ着用写真を撮影すれば良かったのですが、9ARのO橋君にぴったりです。
パターンそのままでダブルガーゼで作ったら、着られませんね?
さて、どうしてでしょう?

カットソーは伸縮性があるのでぴったりでも着用できますが、ダブルガーゼは伸縮性が無いので、ゆとりを入れるか開きを作らないと脱ぎ着ができません。
というわけで、前身頃にギャザー分を入れてゆとりを追加しました。
双子girlは容易く脱ぎ着出来ますが、O橋君にはぎりぎりです。
さて、どうしてでしょう?

人間は、体を動かして伸ばしたり縮めたり身体を変化させながら、ゆとりの少ない衣服を着脱できますが、ボディは全く動かずそのままですので、ゆとりが少ないアイテムで、素材自体に伸縮性がないと、厳しいです。
人間も年とともに、身体の機能が衰えて来るので、シルバーの方の洋服は一人一人工夫が必要です。
後ろファスナー開きは大変だから、前開きにする。
前開きもワンピースなどで下まで全部開けると、裾の方のボタンが大変なので、途中までの開きにする。
AHは大きめに設計する。
等々。
もっとありますが、今日はこのくらいで

さて週末、発売日より少し早めに「ミセスのスタイルブック 2016秋冬号」が届きました。
ミセスのスタイルブック2016AW
今回注目は、「ダブルフェース素材の扱い」です。
以前、「ディバイドする時、どこまではがしたら良いか分からない」という質問をいただいたことがありますが、縫い代幅とディバイド幅、捨てミシンについても説明されています。
昨シーズンから、ダブルフェースの軽めのコートが欲しくて、日暮里で生地を探しているのですが、まだ気に入った布と出会いがありません。
今シーズンこそは、良い出会いがあることを願っています。

ちょっと気になるのは、「レッキス素材のティペット」・・・市販の1枚毛皮を好みのサイズにカットし縫い合わせただけ???
「水張り」も「ハ刺し」もしないどころか、裏革そのままでいいのか?
ごわごわしないのか?気持ち悪くないのか?
いろいろ思い悩みました。
「水張り」記事はこちら→(💛
「ハ刺し」はこちら→(💛

最後の方に「ロックミシンの選び方」特集があるので、購入を検討されている方は必見です!

閑話休題

秋冬物は少しハードルが高いかもしれませんが、行き詰まったり躓いたりした時こそ、実教室に通ってみてくださね。
紙面で見ただけでは分からないことも、実際の示範を見れば、すっきり納得できると思います。

毎月開催している「小学生の手芸教室」に対抗して、「大人の手芸教室」を来年1月から定期開催することにしました。
1月26日(木)10時~12時
2月23日(木)10時~12時
3月23日(木)10時~12時
場所は、「シェアスクールスペースリトマス」東京都国立市東1-4-6 国立商協ビル2F 
JR中央線 国立駅南口より徒歩3分
内容は、ただ今準備中です。

12月4日(日)13時~17時には、「縫い工房」企画・主催『Handicraft Labo』を開催します。
詳細告知まで、もう少しお待ちくださいね。

Category : パターン
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

お仕事OPその3

『sora 自由ヶ丘』売り子用のOPを縫った話は、以前書きました。こちら→(❤)

お仕事OPその3を縫い、既にsoraで着用中です。
作品を作る時、一番時間をかけるのがパターンメーキングです。
ですから、一つのアイテムを作ったら、パターンをちょっと展開して使いたい。
というわけで、リネンのピケはベーシックドレスタイプ。
お仕事OP
米沢織は、↑を長袖に、スカートはタック分を切り開いて。
お仕事OP
最新ストライプのウールは、ベーシックドレスを長袖に、スカートのギャザー分を追加し、襟ぐりに1.5CM幅のバイアス布を襟代わりに付けました。
お仕事OP3
ウールストライプは日暮里で1080円/mでしたので、2160円+コンシールファスナー+裏地(手持ち)で出来ました。

3着とも同じパターン使用です
学生の頃は、恩師に
「切り開けばいいでしょ!!」
とお叱りを受け、どうやったらいいのか????でしたが・・・・。

ところで双子girl、小学校のお楽しみ会で「プチコスプレドッジボール」をやるというので、夕べcatの面をデコリました。
リアルファーの端切れは、母の仕事用ラビットファーです。
cat面

Category : パターン
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

子供体型考

子供体型については、Bunkaのカリキュラムに入っており、当時住んでいた近所の幼稚園児でレポートと作品を制作しました。
就職してからは、文化祭バザーで子供の服を販売する科に所属していたこともありますが、やはり、じっくり観察できるようになったのは、自分の子供が生まれてからです。

「文化式婦人原型=旧原型」では、成人女子に「前下がり」という胸ぐせの処理部分があり、これをダーツに展開します。
始めは、このダーツ展開が難しい。
「切り開きなさい!」
と先生に言われても、どのように展開すれば良いのかなかなか理解できませんでした。

これが、「文化式原型成人女子=新原型」になると、前後のウエストラインが水平になり、初めからダーツが組み込まれているので、これをどこかに展開しなくてはならない点で、ダーツの考え方が理解しやすくなったと思います。

同じように子供原型も、旧原型では「腹ぐせ」の処理が「前下がり」として存在していましたが、新原型では大人と同じようにダーツとして捉えられるようになり、これもパターン展開が分かりやすくなりました。

さて、一口に子供体型(babyは除く)と言っても、幼児期と小学校低学年と高学年では、体型がどんどん変化します。
先日、双子の幼稚園時代の友人宅で、幼児から小学校4年生までが揃った話を致しましたが、それは子供体型の標本のようでした。
まず、未就園児は、手足が短くお腹とおしりがぽっこりしています。全体に丸い体型です。
かわいいぽんぽんを持っているので、「腹ぐせ」を考慮しないとお腹がすぐに見えてしまいます。
次に幼稚園児は、年少児と年長児のたった3年間で、体型は大きく変化します。
年少児はどちらかといえば未就園児に近く、年長児になると手足も長く成長し、丸いお腹はどこへやら?小学生の体型に近くなります。でもまだ、「腹ぐせ」の処理は必要です。
小学生も、家の双子を見る限り、3年生ぐらいから男子はぺったんこのおしりと、しっかりした骨格になって行きます。
女子は、ぷりんとしたおしりに伸びやかな手足。お腹と胸はぺったんこです。
高学年になるともう少し女の子らしさが現れてきて、下着が必要になるようですね。
身長は伸びても、成人女子とは体型が違うので、大人の原型での作図は無理があり、微妙な年齢です。

6月に剣道を始めた双子boyが、昨日初めて道着と防具着用で稽古に臨みました。
高2長男は、中学の部活で始めた剣道ですが、小学生はまだ子供体型なので、袴を着ても安定しないのだなぁ・・・・と感じました。
成長と共に、これも変わって来るだろうと思います。

また、微妙と言えば、「四季彩展」プロデューサーppartさんのお嬢さんの成長に合わせてドレスオーダーをいただきました。体型の変化もさることながら、小学生時代は母であるppartさんと私の意見でドレスのデザインを決めていましたが、中学生になると本人が描いたデザイン画がやって来ました。
体型の変化だけでなく、心も成長した証ですね!?

子供体型の年齢の変化だけでなく、男女の違いとして感じることがありました。
男児は、しっかりした骨の上に、筋肉や皮膚が乗っている感じ。
女児は、柔らかな皮膚と筋肉の中に、細い骨が埋まっているような感じ。
もちろん、個人差はあります。

先日、入浴後に筋トレをしている高2長男の筋肉の動きを見て、双子boyのまだ柔らかい腕に触り
「こんなに柔らかかったのに、あんなに筋肉質になっちゃうんだね~。」
としみじみ思いました。

今懐かしいのは、幼児期のぽんぽこりんのお腹です
小さいお子さんをお持ちのママたち、自分の時間がとれなくていろいろ大変でしょうが、
期間限定の「ぽんぽこりんのお腹」を大事に愛おしんでくださいね!
原型イラスト

Category : パターン
Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

がま口パターンメイキング

お待たせしました。
今日は、がま口のパターメイキングの仕方をご紹介します。
がま口金は、様々な種類がありますので、その一つ一つに合ったパターンを作ると、口金に本体を刺しこむ時にスムーズで、且つ抜けにくいです。
(ギャザーやタックを入れながら、はめ込む場合は別です。)

1 まず、作図用紙の上にがま口金を乗せ、中心から蝶番までを写します。
左右対称のパターンは、右半分だけ作図して、後で2つ折りにしてカットします。
がま口1

2 これに袋布を付ければ、出来上がり・・・・ですが、このままのパターンは、カードケースなどの平たいがま口には適していますが、ポーチなどのコロンとした形の場合、蝶番の横にぷっくりとした表情を出すために、タックを寄せたい!
そこで、蝶番から水平にタック分を取ると、付け寸法が長くなってしまうので、コンパスで同じ距離を測って決めます。
ちょうど、ラグランスリーブの袖下と、身頃の作図のような感じです。
コンパスの針先のポイントは、なだらかに訂正します。
がま口2
口金の付け寸法は、口金より0.5~0.8cm程度長くして、いせるようにして付けると、ふっくらかわいく出来上がります。


3 ↑を元に、袋布の作図をします。
がま口3 サイドに別マチを付ける場合は、マチ付けどまりから中心までの寸法が合うように、マチを作図してください。
切り替えその他は、これを元に展開します。

4 右半分の作図が完成したら、縫い代を付けてから中心で外表に折り、カッターでパターンをカットします。
がま口4

5 ↑を開けば、がま口ポーチのパターンの完成です。
これは、底布を縫ってマチを作るタイプ。がま口5

以上、がま口ポーチのパターンメイキングのご紹介でした。
がま口金のはめ込方は、また今度!

皆さんも、お好みのがま口金で、自由な形のがま口ポーチを作ってみてくださいね!

Category : パターン
Posted by 縫い工房 on  | 6 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。