縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

オフホワイトのガーベラ

オフホワイトのガーベラを作りました。
布花ガーベラオフ白 写真はすべてクリックで拡大できます。
リアルガーベラは断然ピンクが好みですが、オフホワイトもいいなぁ・・・・と自画自賛。
レースなどとも合わせやすいと思います。

というわけで、6月のワークショップお申し込みの際は、ピンクか白かお選びください。

「Lesson6-1~布花のコサージュ・ガーベラ~」
布花ガーベラピンク

内容:染色裁断済みのキットを使用して、筋ごて・一筋ごてでこ手入れし、直径8㎝程度のガーベラを制作します。
日時:6月6日(金)13:00~15:30
場所:「ゆーから」〒186-0003 東京都国立市富士見台1-7-1 富士見台第一団地一号棟 107
    電話:042-505-6089
    アクセスはこちら→(
参加費:受講料2500円+材料費1500円=4000円
     ※アートフラワー用こて・こて台レンタルの場合+300円
定員:4名(最少実施人数1名様)
持ち物:ハンドタオル・造花用こて(筋ごて・一筋ごて)・こて台
お申込み・お問い合わせ:「ゆーから」さん店頭及び電話。
     「縫い工房」まで直接メールかサイド欄のメールフォームよりお願いします。
     ※お申し込みの際は、お名前とMailアドレスか携帯電話番号をお知らせください。

スポンサーサイト
Category : 布花
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

わかめとレースとペップ

「夢工房」さんのフリーマーケットは、本日19日(土)16時迄です。
初日、搬入しつつお買い物。
フリマで買った物 写真はクリックで拡大します。
「三陸春採りわかめ」とレースとペップ&ブローチ付属etc.
わかめは、そのまま全額被災地支援になるそうです。
加えて、とても美味!
フリマの度に買っています。
レースは服飾小物用、ペップは布花の材料です。
様々なペップが手に入ったので、花弁をまとめて染めて、鏝入れしました。
布花すずらん 久しぶりのすずらんにパールペップを使用予定。
すずらんも小花も白ですが、うす~い生成りに染めています。
白い布花も、生地そのものの白は使いません。

さて、先週発売日より一足先に「ミセスのスタイルブック 秋冬号」が届きました。

ミセスのスタイルブック 2013年 11月号 [雑誌]ミセスのスタイルブック 2013年 11月号 [雑誌]
(2013/10/12)
不明

商品詳細を見る

今買いたいと思う、仕事関連の雑誌はこれだけです。
シーズンごとに出版される簡単ソーイング雑誌や初心者向けの書籍は、書店でぱらぱらチェックはしますが、
是非買いたい!と思える物が少なくて、「ミセスのスタイルブック」だけが楽しみ
まだ不安定な気候ですが、秋冬物のデザインを眺めていると、心がうきうきして来ます。
「特集1 手作りで冬仕度」は、秋冬物のテキスタイルと小物使いが楽しい記事です。
「特集2 プロから学ぶテクニック・特別編 実物大パターンつき 今年の冬こそ、本格派コートに挑戦!」では、チェックの柄合わせからゆき綿のくせ取りまで、写真付きの解説で、かなり細かく説明されています。
でも、襟や見返し、裏布のパターン展開は書いてないので、それは周知の上でという内容でしょうか?
詳しい記事を読みながら、Bunkaの恩師の言葉を思い出しました。
学生達に
「本を見て縫えるようなら、専門学校に来る必要はないでしょ!」
とおっしゃるそうです。
そうですね。
市販の書籍や、教科書以外の事を学ぶために、先生の講義を受けるのですから。
理論も技術も、本に書いてあること以上のことを、学校で学ぶのだと思います。

・・・・と、ここまで書いて、何故だか高校生の長男のことが心に浮かびました。
(高校生の勉強も同じですよ~!)

閑話休題。

学校に行けない場合は、本を参考に制作してみて、疑問点が湧いてきたら、そこからがまた自分の勉強ですね!

Category : 布花
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

布花途中経過

大変な台風でしたね。
皆様のお住まいの地域は、大丈夫でしたか?

双子の小学校は当日朝休校が決まり、双子の相手をしながら、布花を進めました。
前日に、リバティとシルクオーガンジーを糊加工しておきました。
糊加工 手前の煙ったように見えるのがシルクオーガンジーです。
アートフラワー用の布は、糊加工してあるのでそのまま染めて使いますが、
服地などを使う場合は、自分で糊加工します。
お湯200ccにボンド30ccを目安に、固さを調節します。
よく溶いた液に布を浸し、軽く絞って乾かし、空アイロンでしわを伸ばして使います。
上の写真程度の分量で、柔らかめに糊加工したい時は、紙の上に布を並べ、アイロン用のスプレー糊を吹きかけ、上にもう一枚紙を乗せて、空アイロンをかければ充分です。

その布で、久しぶりに巻き薔薇を作りました。
巻き薔薇 写真はクリックで拡大できます。
ビーズと合わせた巻き薔薇と先日のピンクとイエローの薔薇が組み上がりました。
どのように仕上げようか、考え中です。

本日より、『夢工房』さんのフリーマーケットに参戦予定です。
いなくてOK、らくちんフリマですので、今日は搬入後1時間ほど殺気立ってお買い物予定です
皆様も、掘り出し物を探しにお出かけ下さい。
『夢工房』さんフリマ、詳細はこちら→(

Category : 布花
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

染めたり、鏝入れしたり、

11月の作品展に向けて、布花制作中です。
パーツをカットして、染め、鏝入れして、組みます。
これは、鏝入れ終了後の花弁と、茎巻きまで終わった小花。
布花 内職みたいですねぇ。
花弁は、ベースは同じで、ピンク系とイエロー系のぼかしを入れました。
2色の薔薇になる予定です。完成までしばらくお待ちください。
何時ものことながら、写真はクリックしてご覧いただけます。

連休最終日は、中間試験前の高2長男の環境整備の為、双子を市内の大学キャンパスに連れ出しました。
双子 池の鴨に餌をやる双子。
久しぶりの大学キャンパスは、暑い夏を乗り越えて、すっかり秋めいていました。
スポンジ状のキノコや、木の実、どんぐり、丸々と太ったアゲハ?の青虫に会いました。
どんぐりをいろいろ拾って帰り、リースとコマを作った双子。
秋は、物づくりの季節でもありますね。

『第3回 四季彩展~秋~』のご案内状を作っていただきました。
詳細は、プロデューサーppartさんのブログにおでかけ下さい。→(
ご案内状ご希望の方は、サイド欄のメールフォームよりメッセージをお願いします。

Category : 布花
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

秋は布花を楽しんで・・・・

『Tildaで作る布花のコサージュ』ワークショップが終了しました。
Tildaのコサージュ クリックで拡大できます。
手前右が、受講生の方の初めての作品。
Tildaの「Floklore Bird Red」と「Dottie Red」を表裏で貼り、花びらの布合わせも上級者向けの選択
Tildaは布がしっかりしているので、鏝入れが難しいのですが、様々な物作りを経験されているので、さらさら完成されました。
示範しつつ私が作ったのは、手前左の「Rosestripe Red」です。
Tildaの布花は、どれも可愛い出来上がり。
これからの季節、シックなジャケットや帽子のアクセントに活用していただきたい布花です。

奥右手の小さめの2つは、夏休み子供対象WSのサンプル・・・・大きさを比べてご覧ください。

布花作りって、楽しい!と思っていただけたら、嬉しいです
秋のイベント用にも布花を制作予定です。

さて、『ちくちくワークショップLesson10~バニティポーチ~』の日程が決まりました。
10月22日(火)10時30分~です。
詳細は、こちらをご覧ください→(

おまけは、双子girl用お稽古ショルダーバッグ。
ショルダーバッグ 夏休みに日暮里で買わされた買ったスヌーピーの楽譜?プリント。
A4サイズのテキストが入る大きさで、ファスナーで開閉するしっかりしたショルダーバッグです。
内側はポケット付き・・・・もう使っているので中身を出すと叱られそうなので、外見だけこっそり撮影。
そうそう!
「内側の布は何でもいいよ~お祖母ちゃんの和布以外はねっ!」
と最近義母の和布と戦っている母を見ていて、きっちり駄目出しがありました。
「外ポケットはいらな~い!」
と本人は言っていましたが、やはりSuicaなどのカードケースを入れるポケットがあった方が便利かと思い、後から付けました。

母的には、キャラクタープリントはNG!なのですけれど、第3子ともなると、だんだんゆるくなります

Category : 布花
Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。