縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

「手しごと」作家を目指す。

国立市の「リトマス」で連続講座が始まります。
 


Ritomas+「手しごと」作家を目指す。 


手しごと」作家のパーフェクト講座 です。

これから「手しごと」を仕事として継続して行きたい方、活動を始めたものの行き詰っている…

そんなあなたの為の講座です。


講師は「縫い工房」主催       野村真由美 基礎コース2回

   「リトマス」代表       東希視子  基礎コース1回

   フォトグラファー       赤石雅紀  実践コース1回

   グラフィックデザイナー    はらとしこ 実践コース1回

   マクラメジュエリーデザイナー 瞳硝子   実践コース1回

                  ※講座担当順


基礎コースと実践コース受講終了後は「リトマス」主催の「リトマス手しごと市」で、販売デビューできる、連続講座です。


フライヤーも完成しました。

リトマス「手しごと」作家のパーフェクト講座フライヤー  

表紙の写真は、実践コース講師のフォトグラファー赤石雅紀氏に撮影していただきました。


詳細・お申込みは「リトマス」HPよりお願いします。こちら→「リトマス」HP


手しごと」作家を目指す、あなたの為の講座です。

スポンサーサイト
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

9回目はあおりがま口バッグ

『おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~』9回目のカリキュラムは、「がま口バッグ」です。
今回は、受講生の方のリクエストであおり型がま口バッグを実習しました。

職業用ミシンで、印付けをしないで縫製します。
がま口教室

内袋は、ストライプ。大きな背面ポケット付き。
がま口教室受講生作品

表布も内布も、受講生の方のセレクトです。
裁断から始めて2時間でここまで完成!
がま口教室受講生作品
口金と持ち手は、宿題となりました。
縫い直しがないと、短時間で仕上がります。
完成後の写真はしばらくお待ちください
講師サンプル作品はこちら。あおりがま口バッグ

そしてこちらは、受講生の方がビーズ刺繍をして制作された作品です。
がま口は、こんな風に刺繍のデザインを生かせるところも魅力ですね。
使い勝手の良い大きさで、使うたびにビーズ刺繍をうっとり眺めてしまいそうです
がま口教室受講生作品

内布も明るい布を選んだので、中が見やすくて機能的。
がま口教室受講生作品

週末開催した『Handicraft Artist展~冬じたく~』にご来場いただいた過去の受講生の方々が、ご自身でトッピングされたり、スモッキングや刺繍を生かしたアルミばね口バッグをお持ちになり、見せていただきました。
写真を撮らせていただけば良かった…と悔やまれます。もしもブログをご覧いただいていたら、写真をお送りくださいね!
ご紹介させていただきたいと思います。
教室で作品を制作してそれでお終いではなく、その後ご自身のオリジナルデザインで制作していただいているということは、講師としてこの上ない喜びです。

皆さんも、オリジナルのがま口を作れるようになりたいと思いませんか?

『おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~』は、がま口初心者から段階的にステップアップして行くカリキュラムを組んでいます。
まずは、「縫わずにできるがま口印鑑入れ&ミニがま口」でがま口の構造を理解していただきます。
がま口印鑑ポーチ(トワルドジュイ)


【「おとなの手芸・洋裁教室」リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス」国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ「人気のあおりがま口バッグ」
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールをお送りください。
がま口イラスト

Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

「おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~」9回目はあおりがま口バッグ

おとなの手芸・洋裁教室がま口編~」9回目のカリキュラムは、受講生からリクエストをいただいて、この形。
あおりがま口バッグ テキスタイル諸事情により、モノクロ写真でお許しください。
クリックすると大きくご覧いただけます。
あおり型がま口バッグです。

あおり型バッグ」とは、バッグの出し入れ口が3つの部分に分かれていて、中央がファスナーや口金などで開閉でき、その両サイドの口がオープンになっている形を言います。

使い勝手が良いので、最近よく見かけますね。

今回は、表布をご自身でご用意されて、口金その他付属品とパターンを「縫い工房」が準備します。

表布は、110㎝幅で90㎝前後必要です。柄合わせを考えても1mあれば足りますね。
裏布を通常の布帛にする場合は、同じ要尺必要です。
自立型のしっかりしたバッグなので、裏布にキルト布を使うか、表布に接着キルト芯を貼るとフォルムがきれいに保たれます。

の写真は、ファーストサンプルで、24㎝角型口金は仮り差し込み、持ち手もピンで留めて、パターンチェック中です。
もう少し、手直しします。

ここまできちんとしたフォルムだと、革で作りたくなりますね!
底板を入れて、底鋲も付ければ、ハンドメイド感のない完成度の高いバッグになるでしょう。

ポケット前面に刺繍を入れたり、切り替えを入れたり、ヴァリエーションは自由に広がります。

おとなの手芸・洋裁教室がま口編~』は、がま口初心者から段階的にステップアップして行くカリキュラムを組んでいます。
まずは、「縫わずにできるがま口印鑑入れ&ミニがま口」でがま口の構造を理解していただきます。
がま口印鑑ポーチ(トワルドジュイ)


【「おとなの手芸・洋裁教室リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス」国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ「人気のあおりがま口バッグ」
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールをお送りください。
がま口イラスト

Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

アルミねじ式ばね口バッグAW@リトマス国立

おとなの手芸・洋裁教室~24㎝アルミねじ式ばね口バッグAW~」終了しました。

今回も、受講生の方がお持ちになったテキスタイルで、オリジナルの一点が出来上がりました。
左は、お召しになっていた洋服とテイストが揃ったテキスタイル、右は羊毛作家さんがウール地に羊毛でドットを付けたオリジナルテキスタイル。
アルミねじ式ばね口バッグAW
素敵でしょ~

リトマス国立で、制作中の様子…真剣です。
アルミねじ式ばね口バッグAW アルミねじ式ばね口バッグAW
職業用ミシンをお使いいただきました。

24㎝アルミねじ式口金、一つ不良品があって、苦戦しました。
別のものと交換して完成させていただき、自宅に帰って無理矢理はめ込んだら、ねじが折れました!!!
材料も、たくさん購入しているとまれにこういうケースがあります。

さて、次回は10月19日(木)10時~12時です。
おとなの手芸・洋裁教室」で、一つずつステップアップして行きませんか?

【「おとなの手芸・洋裁教室リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールでお願いします。

今回AW用のサンプルを製作しました。表布は、日本のテキスタイルデザイナーさんオリジナルデザインです。
アルミねじ式ばね口バッグAW アルミねじ式ばね口バッグAW

Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

遠くからも近くからも

おとなの手芸・洋裁教室がま口編~」@武蔵小金井終了しました。
今回は、大変遠方から高速バスでおいでになった受講生の方と、お近くですが継続してご参加いただいている方のお二人でした。

初回カリキュラムは、「縫わずにできる」印鑑がま口とミニがま口を実習いただきます。
まずがま口の構造を知り、口金を付けることに慣れていただきます。

がま口9月

ソレイアードの印鑑がま口と東レエクセーヌのミニがま口。

それから、今回で8回目のご参加の受講生の方は、長財布に挑戦されました。
初めの頃は、口金を付けるのに苦労されていましたが、最近ではすっかり慣れて、ポイントを押さえて実習されています。

がま口9月

がま口9月

中は、仕切りと蛇腹付き。
2時間で裁断から始めて仕上げるために、中の構造は仕切りorポケットorファスナー付き・・・と仕様を悩みました。
今回は、蛇腹の構造等が初めてだったので、一番シンプルな仕切りの仕様にしました。
基礎が分かれば、応用の幅も広がります。

準備して行った段階標本と実習中の真剣な様子。
がま口9月 がま口9月 がま口9月

次回は、10回目の最後のクラスです。

【日時】10月10日(火)14時~16時
【場所】手芸カフェ「まにあ~な」@武蔵小金井
【参加費】受講料 2700円(税込み)+材料費1800円前後(税込み)+ミシン使用料324円(税込み)
【定員】4名前後
【内容】初回参加者は、「縫わずにできる印鑑がま口」と「ミニがま口」以下、カリキュラムに沿って順番に受講いただきます。

※手芸カフェ「まにあ~な」アトリエをお借りした「おとなの手芸・洋裁教室~がま口編~」は10月で終了となります。

11月からは、リトマス国立でのクラスにご参加ください。

【「おとなの手芸・洋裁教室リトマス国立開催日程】

10月19日(木)10時~12時
11月16日(木)10時~12時
12月14日(木)10時~12時
 1月18日(木)10時~12時
 2月15日(木)10時~12時
 3月15日(木)10時~12時 
 4月19日(木)10時~12時 
  
【場所】「リトマス国立 中央線国立駅南口徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】受講料2500円(税込み)+材料費1800円前後(税込み) ※ミシン使用料無し
【定員】4名前後
【内容】
1回目 縫わずにできる印鑑ポーチ   
2回目 縫わずにできるがま口ソーイングセット   
3回目 マチをつけたころりんがま口     
4回目 ギャザーやタックをいれたふんわりがま口 
※縫い付けタイプと切り替えのあるがま口 1
5回目 箱型がま口    
6回目 切り替えのあるがま口 2    
7回目 親子がま口     
8回目 がま口型長財布  
9回目 がま口バッグ
10回目 オリジナルのがま口を作ってみよう!


【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォーム、あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp (星を@に替えて)までメールでお願いします。

一つずつステップアップしていくがま口教室です。
皆さまのご参加をお待ちしております

Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。