縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

小学生の手芸教室~おひなさまの刺繍~

小学生手芸教室、2月は「おひなさまの刺繍」を制作しました。


午前中学校公開だったり、他の用事があったり、何かと忙しい小学生ですが、2時間しっかり集中して取り組んでくれました。
小学生の手芸教室2月 

小学生の手芸教室2月

まずはバックステッチから…
「バックステッチ???」
と忘れている様子でしたが、ちょっと説明したら思い出して
「ああ、分かる!」
と言って、ひたすらバックステッチに取り組みました。
おひなさまの髪はチェーンステッチで埋めたのですが、その埋め具合で、
「はげている」
とか
「はげていない」
とか、とにかく反応が面白いです。

その他、フレンチノットステッチ・フライステッチ・サテンステッチ・ロングアンドショートステッチ(これは難しかった様子)・レゼーデージーステッチを実習しました。

小学生の手芸教室2月 

小学生の手芸教室2月

小学生の手芸教室2月

小学生の手芸教室2月

本当によく頑張りました。

今回は刺繍枠のねじのところにレースをつけて、このまま飾れる仕様です。
おうちの雛人形と一緒に飾って楽しんで欲しいと思います。

2回目は、少し延長してしまって、いつもお迎えの保護者の皆様のご理解とご協力に感謝しております。

さて、3月はアートフラワー用のこてを使ってミニブーケを制作します。
菫のミニブーケ 
※茎巻き大変なので、サンプルより茎は短くして、小ぶりなブーケにします。

【日時】3月17日(土)1回目 13時~15時 残席2名
            2回目 15時10分~17時10分 満席
【場所】ゆーから 
【参加費】1300円
【内容】裁断、染色済みの材料にアートフラワー用こてで形を作り、ミニブーケコサージュに仕立てます。
【対象】小学生
【持ち物】水分補給用の水筒
【お申込み・お問い合わせ】「縫い工房」ブログサイド欄メールフォーム・SNS・nuikouboun★yahoo.co.jp(★を@に換えて)よりお願いします。

春に向けて、小さなミニブーケを作ってみませんか?

   

スポンサーサイト
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

小学生の手芸教室2月はおひなさまの刺繍

小学生手芸教室、2月は17日(土)に「ゆーから」@国立をお借りして開催します。
内容は「おひなさま刺繍」…今まで実習したステッチを復習しながら、おひなさま刺繍を仕上げ、刺繍枠のまま飾れるように仕立てます。
おひなさまの刺繍 ※写真はクリックすると大きくご覧いただけます。
【日時】2月17日(土)1回目 13時~15時 ・     定員4名 残席3名

           2回目 15時10分~17時10分 定員4名 満席
【場所】ゆーから 国立市富士見台1-7-1-107
【参加費】1300円

【内容】今迄実習したステッチ(バックステッチ・チェーンステッチ・レゼーデージーステッチ・フレンチノットステッチ・フライステッチ)の復習の他に、新しくロングアンドショートステッチを実習しながら、おひなさま刺繍を仕上げ、刺繍枠のまま飾れるように仕立てます。

【持ち物】小ばさみ・刺繍針(今までお渡しした物)・水分補給用の水筒

【対象】小学生
【お申込み・お問い合わせ】「縫い工房」ブログサイド欄のメールフォームから、

または、nuikouboun★yahoo.co.jp の★を@に換えて、メールをお送りください。


Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

コラージュ巾着…小学生はふわふわがお好き♪

2018年最初の「小学生の手芸教室」は、地元の頼れるミシン屋さん『E-sewing国立店』をお借りして開催しました。

E-sewingさまHPはこちら→🍀

今回のカリキュラム内容は、直線縫いミシンの復習とロックミシン初体験!です。
E-sewingミシン担当Y先生のご指導で、皆素晴らしく上手にロックミシンをかけることが出来ました。
直線だけでなく巾着底のカーブもあったので、なかなか難しいテクニックが必要でしたが、E-sewing野田社長にもお褒めの言葉をいただいたほどです。

ロックミシンは緊張したようで、ガーッという大胆な音がダダダダダダという軽快なリズムに変って、無事巾着の周囲にロックミシンをかけ終わった後、水筒のお茶(水)をごくごく飲んでいた小学生の姿が、ほほえましかったです。

小学生の手芸教室1月  小学生の手芸教室1月 小学生の手芸教室1月

小学生の手芸教室1月  小学生の手芸教室1月 小学生の手芸教室1月

小学生の手芸教室1月  小学生の手芸教室1月  

手縫いだけのクラスとは違って、事故のないように真剣に取り組み、巾着の紐飾りまで辿り着くと、ほっと一息。
表面には布や毛糸をコラージュして、ミシンで縫い留めつつ、直線縫いミシンの練習です。
それぞれオリジナルの巾着が完成しました!
小学生の手芸教室1月  小学生の手芸教室1月 小学生の手芸教室1月

裁断済み材料とパターンは、キットにして臨みました。

小学生女子は、みなふわふわがお好き💕
最後に、5㎝四方のエコファーのスワッチをお持ち帰りいただきました。

今回も、楽しそうに取り組んでくれてありがとう!
講師も嬉しい、2018年最初の「小学生の手芸教室」@E-sewing国立店でした。

2月は「おひなさまの刺繍」です。
ただいま日程調整中です。サンプルと合わせて、しばらくお待ちください。

イラスト 

Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

小学生の手芸教室~ミシンで巾着を縫おう!~

小学生手芸教室2017年最後は、「数える刺繍をしよう!」がテーマでした。

クロスステッチは経験済みですが、それ以外のカウントワークは初めて!
初め少し戸惑ったものの、すぐ慣れて、好きなパターンを自由に配置して刺繍しました。
小学生の手芸教室 カウントワーク 小学生の手芸教室 カウントワーク

出来上がったヘアゴムと、ミニマット。
「ゆーから」スタッフの学生さんが「インスタ映えする!」と言ってくれたので、大きな写真でご覧ください。
小学生の手芸教室 カウントワーク 小学生の手芸教室 カウントワーク

刺繍モチーフのパターンを理解すれば、もう大丈夫!
好きなだけ刺繍を楽しみました。

毎月小さな経験ですが、確かに上手になっています。
小学生たちの集中力と、やりたいという気持ち、保護者の皆さんのご理解のお陰です。

さて、来年2018年1月は20日(土)に「E-sewing国立店」をお借りして、直線縫いミシンロックミシンを使って巾着を製作します。
縫い方仕様もいろいろ検討して、この形になりました。

ミシン巾着を縫おう!」
小学生の手芸教室 ミシンで巾着   小学生の手芸教室 ミシンで巾着 小学生の手芸教室 ミシンで巾着
※小さい写真は、クリックしてご覧ください。

【日時】1月20日(土)1回目13時~15時 満席に達しました。
           2回目15時~17時 満席に達しました。
【場所】E-sewing国立店 〒186-0003 東京都国立市富士見台1-26-16
【参加費】1500円
【内容】端切れや布を表布にレイアウトして、直線縫いミシンで縫い留め、巾着に仕上げます。縫い代の始末はロックミシンを使用し、チューリップの紐飾りもつけて完成。
【持ち物】糸切り鋏・待ち針・(あれば)目打ち・水分補給用の水筒
【お申込み・お問い合わせ】縫い工房ブログサイド欄のメールフォーム・SNSメッセージなどからお申込みください。
※ご希望の時間と、口布の色(オレンジorパープル)もお知らせください。

巾着は手縫いで製作したカリキュラムがありましたが、今回は直線用ミシンとロックミシンを使用します。
端切れと糸のアップリケでどんなオリジナルの巾着が出来上がるでしょう?
来年も、ますます楽しみな小学生の手芸教室です。

Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

小学生の手芸教室~数える刺繍をしよう!~サンプルと「野ばら手芸店」

お待たせいました。

小学生の手芸教室、12月は「数える刺繍をしよう!」サンプルが出来上がりました。
小学生の手芸教室カウントワーク 
布の目を数えながら、刺繍をし、ヘアゴムに仕立てます。
ヘアゴムが完成したら、もう一枚、好きなだけ数える刺繍をして、これはミニマットやコースターとして使ってくださいね。

「小学生の刺繍教室~数える刺繍をしよう!~」

【日時】12月9日(土)1回目 13時~15時 満席
           2回目 15時10分~17時10分 満席
【場所】「ゆーから」 東京都国立市富士見台1-7-1
【内容】1 数える刺繍をして、クロバーのくるみ釦セットを使用したヘアゴムに仕立てます。
    2 数える刺繍を好きなだけ楽しみ、オリジナルのミニマットにします。
【参加費】1300円
【持ち物】針・糸切りはさみ・水分補給用の水筒
【お申込み・お問い合わせ】縫い工房まで直接メール、SNSメッセージ、ブログサイド欄のメールフォームよりお願いします。

今回は、国立駅前の野ばら手芸店で購入したカウントワーク用の刺繍布とウールの刺繍糸を使います。
実はこの「野ばら手芸店」、11月一杯でクローズされます。
地元の手芸店として、50年間営業されて来たお店が閉店されるのは、とても残念です。
私は、文化服装学院在学中、デザイン論の夏休みの宿題「色」のサンプルに店頭を写真撮影させていただきました。
また、同じくブランコ通りにあって閉店してしまった布地店「コットンボール」でオーダーのお仕事をいただいていた時は、「野ばら手芸店」で付属品を購入しました。
お店の2階で刺繍教室があり、見学に伺ったこともあります。
そして今、縫い工房としての仕事で、足りない材料がある時、走って行ける距離の手芸店がなくなってしまうのは、本当に心細く、残念です。
「50年間ありがとうございました。」と、店頭に貼ってありますが、
こちらこそお世話になりました。
ありがとうございます。
6月に閉店した「むつみや」同様「野ばら手芸店」も、何でも揃うお店でした。
セール期間に入っても、商品の数は膨大な品ぞろえで、閉店後、売れ残ったものは東日本大震災で被災した宮城県石巻市の幼稚園に寄付される予定だそうです。
最後まで、見習いたい地元の小売店の姿です。

Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。