縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

お直しとか

「たためるエコバッグ」改めたためるサブバッグお直しをいただきました。

持ち手付けとポケット付けのミシン目ほつれです。
ついでに、パンダイルカ刺繍入りポケット上部白いリネンにしみ?(コーヒーかな?)があったので、洗濯させていただきました。
お直し

持ち手とポケット付けのミシン縫いは、あっという間に終了。
一番力がかかるところがほつれていて、ご愛用いただいている様子が分かり、とても嬉しいです
お直し これからも、お側でお役に立ちますように…。

「縫い工房」の作品をお買い上げいただいて、お直しの必要が生じた場合はご相談ください。
実費と付属がかかった場合の材料費、送料で承ります。
まずは、お気軽にご相談くださいませ。

こちらは、たためるサブバッグきのこバージョン。
たためるサブバッグ(きのこ)

ベニテングタケとアミガサタケです。
四季彩展~初冬~」11/25・26「ギャラリーあんず」inふじみ野市 でご覧ください。

スポンサーサイト
Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

「だりあ洋装店」さんにお邪魔しました。

洋装店続きです。

だりあ洋装店さんにお邪魔しました。

だりあ洋装店」って、素敵なお名前ですね。
大好きな安房直子さんの物語に出て来そうな名前で、勝手に憧れをい抱いていました。
自転車の距離ですが、天気と相談して電車で参りました。

駅からすぐの住宅地、小学校のすぐ横にありました。
明るいアトリエが魅力的です。
暗いとどうしても縫い仕事は目に負担がかかりますから、本当に理想的なアトリエです。
…羨ましい
だりあ洋装店 だりあ洋装店

お隣のご母堂様の喫茶店から、美味しいコーヒーを運んでいただいて、「刺繍カフェ」が始まります。
ゴールドワークのパディング途中の作品を持参しましたが、それはさておき、豊富なお仕事経験のお話を沢山伺うことが出来ました。
海外でのお話と、東日本大震災以降のお話と、etc.

だりあ洋装店」さんとのお話は本当に楽しいひと時でした。
オーダーお仕立て中の洋服たちも、きらきらしていて魔法がかけられているようです。
店内の布やビーズ、レースやボタンもわくわくするような品ばかり。
のコーナーで、珍しい子供用のウルトラマンのボタンを目にして、
「はて?このウルトラマンの名前は何だったか?」
と思い、死滅した脳細胞がそれを思い出したのは、「だりあ洋装店」さんを後にして1時間後くらいでした。

ウルトラマンゼアス

最後に、距離感の話をしました。
距離感も大切ですが、礼節を知れば人との関係は上手く行くと思っています。
無駄にマウンティングしたり、失礼な言動は慎みたいものです。

「だりあ洋装店」さん、またお邪魔したい素敵な場所です。
今度はビーズ刺繍を習いに行きたいなぁ・・・。
何かを習う時、技術もさることながら、先生のデザインセンスも重要です。
「だりあ洋装店」さんは、技術+デザイン+企画力が揃った方だと感じました。
見習わなくては

「だりあ洋装店」さんHPはこちら→🍀

Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

「辻洋装店」工場見学にお邪魔しました。

辻洋装店工場見学に行ってまいりました。
辻洋装店」は、中央線中野駅から徒歩15分前後の住宅地にある縫製工場です。

HPはこちら→🍀

昭和22年にイージーオーダー店として創業し、現在はmade in Japan・made in Tokyo に拘ったプレタポルテ専門の縫製工場です。
Bunkaの先生が、学生を連れて見学に行っている記事を拝見して、自分も一度見学に伺いたいと思い、橋渡しをお願いして実現しました。

お忙し中、少人数の見学にも対応してくださり、大変勉強になりました。

どのようにして多能工は育てられるのか?
CADパターンによるデータ作成から、拘りの裁断・芯貼り、班長を中心とした班構成の少人数ライン・検品まとめまで、一連の流れを丁寧にお話しいただきました。
アイパッドも、技術力アップのために使用されていました。
今時ですね!

技術は蓄積され、それは若手に受け継がれ、特殊ミシンで時短と経費節減をはかり、人の技術が必要なところに十二分に力を注げる体制が取られていました。
そして、現在だけでなく未来を見据える経営者が、東京中野の縫製工場を躍進させているのだと思いました。

一番印象に残ったのは
縫製工場の設備はどこもそれほど変わりはない。どこが違うのかと言えば、心が違う…人間教育に力を入れています。
という言葉でした。
それから、高級プレタポルテだけでなく、ドールの服も衝撃的でした。

大変勉強になりました。
ご案内いただいた辻様、橋渡しをお願いしたBunkaの先生、一緒に見学に行ってくれた勉強熱心な友人たちに感謝します。

詳しい内容は、お会いした際にでもお気軽にご質問くださいませ。

経営側は元より、キャリアから若い人たちまで、未来を向いて頑張る姿に、大変刺激を受けました。
ありがとうございます。

原型イラスト

Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

縫製工場見学に行きませんか?

中野に「辻洋装店」という縫製工場があります。
Bunka在職中お世話になった現役の講師の方が、毎年学生を見学に連れて行っている記事を拝読して、自分も是非見学したい!と思い、「辻洋装店」にご紹介いただきました。

随分前に、イベントあれこれ一段落したら・・・と10月17日(火)13時30分~工場見学をお申込みしておりました。

いよいよ、来週火曜日に参ります。

只今一緒に工場見学に行って下さる方を募集中です。
参加費は、工場への手土産÷参加人数のみえす。

今回限りの企画ですので、都内23区内の貴重な縫製工場を見学されたい方は、是非ご参加ください。

工場見学辻洋装店アトリエ見学』
【日時】 10月17日(火)13時30分~1時間半程度
【場所】 「辻洋装店アトリエ HPはこちら→🍀
【集合場所】 中野駅改札口 13時10分 ※集合後徒歩15分のアトリエに行きます。
      アトリエに直接集合する場合は 13時25分集合
      中野駅からのアクセスはこちら→🍀
【参加費】 先様への手土産÷参加人数
【お申込み・お問い合わせ】 縫い工房ブログサイド欄のメールフォーム あるいは nuikouboun★yahoo.co.jp(★を@に替えて)までメールをお送りください。
【締め切り】10月15日(日)20時 ※16日(月)に参加確定人数を「辻洋装店」にお知らせします。

一人ではなかなか経験できない、縫製工場見学に一緒に行きませんか?

原型イラスト

Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

針棒糸掛け

オーダーの小物を縫っていたら、突然ポロリと落ちた金属がありました。

針棒糸掛けです。
ミシン糸を針穴に通す直前の糸掛け部分、写真で目打ちの先で示している部分が、外れたのではなく突然折れて落ちました。

ミシン

縫っている最中に、振れてもいないのに突然ポロリと落ちて驚きましたが、そのまま続行。
たかが針棒糸掛け、されど針棒糸掛け
これがないと、縫いはじめに糸が踊り、縫いにくい事この上ありません。
すぐに、地元の頼れるミシン屋さんE-sewing」さんにご連絡して、入院。
急ぎのオーダーもあったので、速攻で直していただき、無事退院いたしました。
ミシンの釜の中もお掃除していただいたのか、ふわふわ埃がきれいになくなっていました。

ありがとうございます。

地元の頼れるミシン屋さんE-sewing」さんのお陰で、安心して仕事に集中することが出来ます。
さて、こちらは「E-sewing」さんのホビーショー限定WSキット、「くにたちゆる市」の時にお願いして、購入しました。
ホビーショーで毎年人気のキャラクターは、先日の「小学生の手芸教室・夏休み特別講座」でお世話になった、ミシンの達人よっちゃんがデザインされています。
可愛いので大きな画像でご覧いただきます。

キャラクター刺繍バッグ
さをり織りのポケットから飛び出しているこの子、とても可愛いでしょ?
キャラクタ―刺繍バッグ

仕事が立て込んでいて、キットが家に来てから随分寝かせてありましたが、漸く完成しました。
でも、あらら?
持ち手が見当たりません。
寝かせている間に行方不明???
それで、持ち手は在庫のフェイクレザーで代用しました。

秋の企画展 「Handicraft Artist展~冬じたく~」で非売品展示予定でしたが、
早速双子girlに取られてしまい、私は作る楽しみのみ・・・。
可愛いキャラクター刺繍のミニバッグを縫うのは、楽しかったな

地元の頼れるミシン屋さんE-sewing」さんHPはこちら→🍀

冬じたくDM 冬じたくDM

Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。