縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

すくすく

植物もすくすく伸びるこの季節、オーダーの合間にいただくお仕事は、男子中学生の制服ズボンの丈出しです。
通常お直しは、オーダーいただいたものか、ちょっと変わったものだけ承っていますが、
筍のようにすくすく伸びる男子中学生の制服に限っては例外的にお受けしています。
制服ズボン裾
右は、8㎝出して縫い代2cmになった中二男子制服ズボン。
左は、去年5㎝出して今年更に4㎝出し、縫い代がぎりぎりなのでスレキを縫い足して仕上げた中三男子の物。
ズボンの丈出しは「靴あて」などがついていて、少々厄介です。
制服を購入したお店に頼めば無料で直してくれるようですが、混んでいる時期(衣替え直前)は2~3か月かかると言われたと聞きました。
2~3か月前だと、その間にどのくらい身長が伸びるのか?予測不可能な成長期の男の子たち。
全く嬉しいことですが、母泣かせでもあります。

というわけで、男子中学生ズボンのSOSは「縫い工房」までご連絡ください。

さて、こちらもすくすく成長中の双子girl。家はmix双子ですが、女子の成長期が先にやって来るため、
現在双子girlの方が数㎝以上背が高い状況です。
(男子は後から伸びるから大丈夫!)
そこで、家庭科の調理実習用のエプロンを新調しました。
エプロンfor双子girl エプロンバッグ 写真はすべてクリックで拡大してご覧いただけます。
実は5年生から始まる家庭科の授業で、エプロンが必要だということを私に報告しなかった双子。
「だって、エプロン持ってるから!」
と言うのですが、案の定双子girlはエプロンが小さくなっていました。
第1回目の調理実習の前々日にサイズアウトが判明し、
「それじゃあ作る?ナチュラルリネンならあるよ。」
と言うと
「無地は嫌だ・・・・。」
と双子girl。
仕方なく1回目は小さくなってしまったエプロンで臨み、後日IKEAで本人が選んだ布で作りました。
残りで持ち運び用バッグもできました。
パターンは、大人用と前回の子供用の中間でパターンメイキングしようかと思ったのですが、
私のエプロン(同形)を着用させると問題ないようだったので、大人用で作りました。

boyは、高三男子に作った迷彩柄エプロンのお下がり健在!

そして、子供服のパターンを整理して資源ごみに出すことにしました。
パターンもどんどんたまって行き、子供用の物はまた作図すればいいかな?
と思い、大量に処分。
それぞれにアイテム名と年月日を記入してあるので、たかが子供用パターンなのに、何だかしみじみ懐かしい思いが致しました

関連記事
スポンサーサイト
Category : 作品
Posted by 縫い工房 on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。