縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

ストロベリーエミリー

仕事柄、手縫いの時にうっかり指先を針で刺してしまうことがあります。
え?そんなことはない…とおっしゃる方も多いかと思いますが、うっかり者なので。
縫い針で刺すとぼっちり血が出て終わり。
その時は、作品に血がつかないように、そればかり気にしているので、傷口はティッシュで拭っておしまいにすることが殆どです。
ところが数日すると、針を刺した周辺が赤く腫れてきて痛みを伴うこともあります。
ひどい時は、晴れ上がった後、その周辺の皮膚がはがれて再生するまで治らないこともまれにあります。

傷口からバイキンが入ってしまったのか?
針先が錆びていたのか?
年で抵抗力が落ちているのか?

今日は道具のお話。
縫い針用の針磨きをずっと探していました。
すぐ手に入るのはクロバーさんの製品。

Clover 針みがきClover 針みがき
()
Clover

商品詳細を見る

これはちょっとアンティークで素敵なデザインですが、私が欲しいのはこちら。
針磨き ストロベリーエミリーという商品名です。
ここ何年か、近隣の手芸店やホビーショーなどで探していたのですが見つからず、ネットショップでようやく見つけました。
こちら→(
安価ですが送料を考えて保留にしていたのですけれど、『四季彩展』の時にご一緒した*Lisa Pink*さんに展示用ボディをお借りしたので、お礼にプレゼントしました。
*Lisa Pink*さん「針が錆びるのよ~。」と去年の『四季彩展』の時におっしゃっていたのです。
自分の分と合わせて購入し、針を気持ちよくさっくり磨いています。
錆がなければ、針でうっかり指先を刺しても赤く腫れ上がらないでしょうか?
その後、幸いなことにまだ針で指先を刺していないので、分かりません。

閑話休題。

去年の3月に10m購入した青耳リネンを使い終えてしまい、「安田商店三丁目店」に在庫をお問い合わせしたところ、消費税が8%に上がった時点で、お取り扱いがなくなってしまったそうです。
残念・・・価格の割にとても良いリネンでした。
それで、代わりに青耳リネンよりセレブな価格のヨーロッパリネンを10mお願いしました。
10m買うと割引になり、送料は500円なので日暮里まで出かける時間と交通費の節約になるのです。
見ないで10m購入・・・そこは「安田商店三丁目店」を信頼して、えいやあっ!と注文。
午後3時過ぎに代金を振り込むと、当日発送にしてくださって、翌日10時過ぎに届きました。
10m一度に水通しはできないので、取りあえず2m裁断して洗い(何故洗うのかは以前の記事をご覧ください→青耳リネン)只今干しております。
どの程度縮んだか?風合いはどうか?
またレポートさせていただきますね。

和布リメイクスカートは、2着目が仕上げに入っていますが、写真がまだなので、また次回

関連記事
スポンサーサイト
Category : 道具
Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。