縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

がま口ポーチWS

がま口制作の基本を…とリクエストいただいて「ちくちくワークショップ~がま口ポーチ基本編」を企画しました。
がま口ポーチWSは数回実施しています。
がま口1 Tildaがま口正面
がま口ポーチ側面 ミニがま口
小さい写真はクリックで拡大してご覧いただけます。
今回は、基本編なのですけれど、ちょっとセレブなお値段の可愛いげんこのがま口ポーチにしました。
がま口正面
こちらが受講生の方の完成作品、大きな画像でご覧ください。
がま口WS受講生作品1
がま口WS受講生作品2

あら?WS途中の写真はどうしたんでしょう?
ごめんなさい、忘れました

ビーズ刺繍を施してある方は、ビーズ刺繍の先生の作品です。
「予め刺しゅうをされたいですか?」と伺って、先に布をお渡ししたので、布と口金に合わせたビーズ刺繍をデザイン・刺繍してお持ちになりました。美しいですね
詳細は、ブログ「ぺんぐいんのStep&Stitch」にお出かけください。→(
がま口の歴史についてもレポートしていただいおり、とても勉強になります。
今回はお二人とも3回目のご参加、縫うことに慣れていらっしゃる方々ですので、2時間ちょっとで完成。
がま口金からパターンを起こす方法にも触れることができました。
WSは時間内に完成させていただきたいので、どうしても裁断済みのキットを使用することになります。
キットで作ると、皆同じ出来上がりになってしまうので、何とかそれは避けたい。
それで、今回のように四面構成の物は、切り替えの布や裏布を何種類かの中から選んでいただいたり、レース等の付属品を選んでいただいたりして、同じ出来上がりにならないように準備します。
せっかくお作りになるのですから、世界で一つだけ、唯一無二の作品にしたいでしょ!?

がま口は口金も豊富にあり、形も自由にデザインできる、楽しいアイテムです。
ワークショップにご参加いただいた方には、是非ご自宅でヴァリエーションを作っていただき、がま口作りを楽しんでいただきたいと思います。
そして、完成写真もお送りくださいね!?
ブログでご紹介させていただきます。

『縫い工房』主催「ちくちくワークショップ」は、リクエストも承っておリます。
「こんな作品を作ってみたい・・・。」というご要望、お問い合わせは、サイド欄のメールフォームよりお願いします。
WSは皆様の為だけでなく、私自身の研究のための良い機会でもありますので、どうぞどしどしリクエストしてくださいね!?
お待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。