縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

胡粉と筆と刺繍枠と

漸く胡粉を購入しました。
胡粉を何に使うかというと、ゴールドワークで素材がベルベットや別珍の時に、印付けに使います。
図案を写したトレーシングペーパーに細かく穴をあけ、ブラシで胡粉をまぶし、布地に乗った胡粉を黄色の絵の具でなぞって印をつけます。
ゴールドワーク虎

ついでに、細い(トールペイント用と書いてあった)と黄色の絵の具(家にある子供の絵の具は皆固まっていたので)も買いました。
今まで、胡粉を使わないで何で図案を写していたかというと、チャコナーの粉を代用していました。
先生ごめんなさい
それから、QSnapなる機能的で軽く、布目が歪まない刺繍枠を購入しましたが・・・
ゴールドワーク虎
しっぽが!
もう一回り大きいサイズを買えば良かった・・・。
QSnapは手芸カフェ「まにあ~な」でお取り扱いのお品物です。
3サイズありますので、是非実店舗でお手に取ってご覧ください。
手芸カフェ「まにあ~な」店舗情報はこちら→🍀
というわけで、せっかく機能的な刺繍枠を手に入れたのに、いつもの丸い刺繍枠をテーブルに止めて、パディング中です。
ゴールドワーク虎

久しぶりに布花も始めてしまったので、刺繍も布花もぼちぼちです。
春休みも始まり、腹減ったお化けたちに追われる日々です。

スポンサーサイト

Category : 刺しゅう
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/1017-174b6ff7
該当の記事は見つかりませんでした。