縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

BUNKA生涯学習まつり

文化服装学院の生涯学習(BUNKAファッション・オープンカレッジ、通信教育)が60周年を迎えたということで、「BUNKA生涯学習まつり」というイベントが開催されました。
オープンカレッジ野田はな子先生刺繍をご指導いただいてるクラスの一員として、イベントに参加しました。
通信教育とオープンカレッジの展示と販売、ファッションショー、協賛企業の展示もあり、雨の中沢山の方にお運びいただきました。
ありがとうございます。

BUNKA生涯学習まつり BUNKA生涯学習まつり
縫い工房は、刺繍作品の展示のほかに、定番の刺繍入りたためるエコバッグやブラックワークの印鑑がま口etc.を販売させていただきました。
BUNKA生涯学習まつり BUNKA生涯学習まつり BUNKA生涯学習まつり

お嫁入りした作品は、皆様のお側でお役に立ちますように

生涯学習の成果を発表出来るこのような機会は、学ぶ立場に身を置いてみると、本当に励みになり嬉しく楽しい経験です。
文化祭の時には、作品を貸し出しという形で一部展示させていただくケースもありますが、今回は生涯学習がメインのイベントで、土曜日で学校もお休みだし、お客様においでいただけるのか?
等という私の浅はかな思いは杞憂に終わり、雨にもかかわらず沢山の方においでいただきました。
流石、文化服装学院主催のイベント!と母校の実力を再認識しました。

ファッションショーは、

Ⅰ部 This is my favorite.オープンカレッジ「服作り」講座
Ⅱ部 クローゼットの扉を開けたら…💛 オープンカレッジ「ファッションと福祉」講座
Ⅲ部 憧憬 -明日の新しい自分へ それぞれのクリエーション 通信教育全国グループ指導員 有志作品

の三部構成になっており、ショーのヘアメイク・音響・照明などは文化服装学院ファッション流通専攻科とファッション流通2年の学生たちが担当協力していました。
ショーもとても良かったです。
何より皆さん、ご自身によくお似合いになる洋服を身に着け、モデルのようにライトを浴びてステージの上を歩く姿が、とても素敵でした。
特に、Ⅱ部の「ファッションと福祉」講座のショーは、縫い工房としてオーダーいただく体形に特徴がある方々と関連の深い洋服が発表され、大変勉強になりました。
どんな方にも、機能性だけでなくおしゃれとしての服作りは大切だなぁ…と思いました。
ショーに参加された方々の笑顔が素敵でした。
ショーの運営協力をてくれた学生さんたちと、その学生たちを指導されている教員のみなさんにありがとうという感謝の気持ちを伝えたいと思います。

個人的には、旧知の先生方にお会いしてお話しできたことが、嬉しかった

学生たちがショーの運営協力をしている為、生涯学習に直接関係している先生方だけでなく、多くの先生方がおいでになっていました。
こういう所が、文化服装学院の底力の一つになっているのだなぁ・・・と改めてこの学校の卒業生であることを、誇りに思いました!

さて、「BUNKA生涯学習まつり」では、協賛企業の展示ブースもあり、そこで質問したりWS体験をしたり致しました。
長くなるので、それは次回ご報告します。

スポンサーサイト

Category : イベント
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/1036-2c63d871
該当の記事は見つかりませんでした。