縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

紫蓮庵と調布FMとオーダードレス

日本画家柿谷由佳さんのアトリエ紫蓮庵で、「自由な絵てがみ教室」に参加しました。
調布FMの取材が入り、縫い工房も(ラジオなのに)顔出し?&初声出し。
FMラジオ中継って、携帯を使ってできるんですね。
すごいことです。
柿谷さんのライブペイント作品テキスタイルを使用した、次回のライブペイント用ドレスオーダーもいただき、初公開です。
是非、ご覧ください。

FMラジオですが、番組衆力中の写真がご覧いただけます。何だか不思議ですね?
ラジオ放送も、聴くことが出来ます。本の数分ですので、宜しければ聴いてみてくださいね。

調布FM「午後のカフェテラス~街角レポート~」はこちら→🍀

日本画家柿谷由佳さんのブログ「自由な絵てがみ」はこちら→🍀

さて、件のオーダードレスの布は、柿谷さんが2011年3月12日にライブペイントをされたときの作品です。
布をお預かりした時には、私が福島出身だということはお話していなかったのですが、中仮縫いの時にそれが分かって、ご縁を感じました。

紫蓮庵ライブペイント布作品

去年の12月の「ギフト展」で、柿谷さんのライブペイントを拝見しました。
音楽の演奏に合わせて、壁面に準備した大きな紙(その時は紙でしたが布の時もあるようです)に、絵を描いて行きます。
作品は、ダイナミック且つ繊細で、私は柿谷さんのドレスの美しい背中にくぎ着けでした。
今回のドレスのデザインは、お任せでしたので、ライブペイント中常に観客が見ているバックスタイルに、テキスタイルの絵の部分を配置し、背中の開きをデザインポイントにしました。
ライブペイント中は、床に置いた画材を筆に付けるため、上下の屈伸運動が激しいため、ドレスの右わきに長いスリットを入れ、上に別布をかぶせて、彼女の動きに合わせて脚が(全部見えるのではなく)ちらりと見えるようにしました。
要尺に限りがあるため、その点も頭の体操でした。

紫蓮庵ドレス 紫蓮庵ドレス 紫蓮庵ドレス

ボディが着るとセクシーでも何でもないのですが、柿谷さんが着てライブペイントをされるとエロいこと間違いなし!と思っています。
3枚目は、柿谷氏アトリエ紫蓮庵のボディです。
今月のライブペイントでデビュー予定ですので、その様子はまたご報告させていただきますね。

いろいろな方とお仕事をさせていただくと、思いがけない経験もできて、本当にありがたいことだと思っています。

「縫い工房」であれば大丈夫!
「縫い工房」があれば大丈夫!

といつも呪文のように唱えていますが、「縫い工房」で良かった!
これからも「縫い工房」頑張ります!

スポンサーサイト

Category : お仕事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/1046-91fbe0bd
該当の記事は見つかりませんでした。