縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

パターンメーキング~準備編~

今日は、作図の導入として、道具のご紹介をさせていただきます。

作図用具

まずは、グリーンボード。大小あると、便利です。作図以外にも、布地の裁断の時も使用します。
小物の時は、Sサイズ。子供の工作その他にも使えます。

それから、ハトロン紙(作図用紙)は、少し大きめの文房具店なら「ロール紙」という名で売られています。
クリックすると↑商品情報がご覧いただけます。
方眼の物や、いろいろ種類がありますが、消耗品なので、ハトロン紙は安価でお薦めです。
つるつるの表面とざらざらの裏面があって、作図は、鉛筆の線が乗るざらざらの裏面を使います。
Bunkaで、入学したての1年生が、うっかりつるつるの面に作図したりすると、「お直し!」ということになります(*^_^*)
島在住の3年間は、都内に出た時、新宿のBunkaで50枚単位で購入していました。
飛行機(11人乗り?)で持ち帰ると、空港の職員の方に
「これは何ですか?」
と尋ねられ
「紙です。」
と答えると、職員の顔にはいっぱい?マークが浮かびました。
50枚を丸めて持つと、かなり重いです。

文鎮。これも作図の時だけでなく、裁断時に布の上にパターンを乗せて押さえるのに使用します。マチ針は、布を掬って留めた時に、不正確になるので余り使いません。

HかF位のステッドラーのホルダー。シャープペンは、芯がぽきぽき折れてイライラするので、いつもホルダーを使っています。すぐ上の黒っぽい丸い物が、ホルダー芯削りです。

定規は、50cmの方眼定規とアンタレス定規があれば、事足ります。
                   ↑商品情報
昔はDカーブルーラー(右端)やHカーブルーラーも使っていましたが、アンタレス!優れ物です。
現在使用中のアンタレス君は、多分16年目のお付き合いです。
本当は、方眼定規1本できれいなカーブが書けるようになれば、かなりの腕です。
(方眼定規は、使用を重ねると角が丸くなってしまうので、アンタレス君より、買い替えサイクルは短いです。)

AH(アームホール)やNL(ネックライン)などのカーブの長さは、メジャーを立てて測ります。
マールさしはなくても事足りますが、あると便利かな?

それから、パターンを展開したり継ぎ足したりする時は、のりではなくて、メンディングテープを使います。
のりは、パターンが縮んだり、波打ったりして正確さに欠けますが、メンディングテープはそのような心配がなく、また、テープの上に鉛筆で書くことができます。

最後に、写し忘れてしまいましたが、パターンは鋏ではなく、カッターで切ります。
カッターは、普通の物でも良いですが、私は、刃の角度が鋭角なカッターを使っています。
このカッターは、刃が鋭角なので、パターンのラインを確認しやすく、正確にカット出来ます。

Bunkaに入学すると、まずは部分縫いと作図の嵐です。
先生に提出しても、出来上がりが汚いと「お直し!」という、情け容赦ない一言で再提出に。
提出期限を過ぎると、提出カードに「期限後!」という赤いハンコが押されます。
在学中から、「期限」ということを常に意識させられます。
例えどんなに素晴らしいウエディングドレスを仕立てたとしても、結婚式当日に間に合わなければ、その作品の価値はありませんね?
幸い、在学中「期限後!」はありませんでした。

さて、作図の準備はできました。
次回は、角型バネポーチからギャザーラウンドバネポーチへのパターン展開の考え方をご紹介します!

スポンサーサイト

Category : パターン
Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

りんりん says..."道造さんへ"
こんなにたくさんの道具を使ってるのですね!!!

プロって やはり凄いなぁ~と改めて尊敬いたします!!

2011.07.24 17:26 | URL | #- [edit]
f-ぐらんま says...""
 すごくいい勉強させていただきました。(Bunkaさんは厳しいのですね)
 ゆっくりと文章とと写真を比べて見ています。文珍・・やはりいりますよね。カーブ定規もいろいろあるのですね。
 私も自分の物差しがすり減るぐらいやって見ようと思います。

 デザインのコピーライティングて、本当に難しい問題だと思います。(わたし、とても安易に考えていました)ご自分に厳しくされていること、頭が下がります。
 自分でデザインし、パタンを起こせるよう頑張ろうとつくづく思います。

 長男さんの言葉羨ましいです。「早く高校に行って部活したい}なんて・・・ますますファンになります。

 例年にのように、実家の手伝いに3週間ほど帰省します。おそらく、見せていただけると思います。作品作りは少しお休みします。いい夏をお過ごしください。
2011.07.24 22:14 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."りんりんさん"
お道具と布の在庫ばかり…という噂もあります。
2011.07.25 05:00 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."f-グランマさん"
Bunkaは厳しいです。大学では教職課程もとりましたが、文系だったのでのんべんだらりと過ごし、Bunkaに入学して専門学校の課題の多さにびっくりしました。
この文鎮のよい所は、重ねて収納できるところです。が、他に南部鉄のクジラや蝸牛の形の物も使っています。
方眼定規は、すり減るのではなくて、うっかり落としたりして角が丸くなって行くようです。

厳しくされていらっしゃるのは、Lahjaさんです。
これだけ世の中に物と情報があふれていて、オリジナルのデザインとは?と考えさせられました。パターンだけは、自分で起こすことが自分の仕事だと思っています。

どうぞ、良い夏休みをお過ごしください。
また、お写真でチャーミングなお姿を拝見出来ると嬉しいです。
2011.07.25 05:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/108-961b998a
該当の記事は見つかりませんでした。