縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

いのししの提灯(ふるさとに寄す・1)

 昔書いた、童話のようなものです。2回に分けてお付き合いください。

 中村さんは七月のはじめに、この村に引っ越して来たばかりです。大学で「農業」を勉強して、「無農薬」とか「低農薬」といった野菜の作り方を、農家の人と一緒にやって行くために、この村に住み始めました。中村さんは都会育ちで、ほんとうのところこんないなかの村で暮らすのは初めてのことでした。
 その夜は、「中村さんの歓迎会」が、村の公民館で開かれました。中村さんは、お酒は全く飲めませんでしたので、ビールの代わりに麦茶をもらって、村の人たちの話をふんふんと、ただ黙って聞いていました。
 ところが、酒のつまみとして出てくる野菜、これがびっくりするほど美味しいのです。煮物やごまあえ、てんぷらなど、どれも野菜それぞれが持つ味が濃くて、生き生きしています。東京のスーパーで買った野菜は、色もつやつやぴかぴかで、形も型に入れたようにそろっていますが、味は何だかその野菜そのものの味とは違う感じがするのでした。
ーあれはきっとスーパーの裏で、日焼オイルをぬった野菜たちに、ラジオ体操第一を毎朝させているんだろうな。
 などと考えながら、「うまいうまい」と他の人の分まで食べてしまいました。
 公民館を出ると、あたりは本当に真っ暗でした。左右に、みどりみどりした田んぼを見ながら歩いていると、たくさんの星が出ている南の空に、白っぽいもやのような流れが見えます。
ーああ、天の川だ。
 立ち止まって、空をふりあおいでいると、流れ星がスーッスーッと流れて行きます。中村さんはため息をひとつつくと、また歩き始めました。ところが、
ーあれれ、ここはどこだろう?
 真っ暗な田んぼの真ん中で、すっかり道に迷っていました。村の道は、田んぼの間をぬうようにして続いていて、目印と言えば、遠くに見える山の形だとか、神社のこんもりとした森ぐらいしかありません。その目印も、こんな夜の闇の中では、全く役に立たないのでした。
ーさっきの角でまちがえたのかなぁ?
 そう思って振り返ってみても、中村さんの後ろには真っ暗な闇ばかり。いくら目をこらしても何も見えません。
ーしょうがない、ちょっと戻ってみよう。
 中村さんは来た道を引き返し始めました。 
 すると、いくらも行かないうちに、向こうから明かりがひとつ、ゆらゆら近づいて来るのが見えました。
ー村のだれかが、追いかけて来てくれたんだろうか?
 足を速めて近づくと、一メートルぐらい離れたところで、風邪でもひいているのでしょうか?変に鼻にかかった声が言いました。
「こんばんは、今日は良い月の晩ですね」
「やあ、こんばんは」
 あいさつを返しながら、声の主を見ると、それはなんといのししでした。釣りの帰りなのでしょう、釣り用のズボンに長靴、フィッシングベスト、頭にはつばのついたキャップをのせています。そのつばの下の顔は鼻が長くつき出していて、目は顔の両側に離れてついています。どう見ても、人間の服を着たいのししです。あんまりびっくりしたので、中村さんは、思わずいのししをじろじろ見つめてしまいました。
「どうかしましたか?」
 いのししが落ち着き払って言うので、中村さんはあわてて答えました。
「い、いえ、ちょっと道に迷ってしまったらしいのです」
「そうですか。このあたりも、ずいぶん開発が進みましたからねぇ。この間も、山の中を気持ちよくジョギングしていたら、突然、山が途中でなくなって、人間の住宅地に変わっていたんですよ。おまけにその一番端の家に、大きな犬が三頭もいて、ものすごい勢いでほえるので、ほんとうに心臓が止まるかと思いましたよ」

つづく

スポンサーサイト

Category : 絵本or本
Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ppart says...""
縫い工房さんの書いた童話を読みたかったので、嬉しいです。
時には今回のように、童話作家の縫い工房さんの顔も見せて下さい。
2011.08.15 08:56 | URL | #- [edit]
りんりん says..."道造さんへ"
文学少女の道造さんの作品が読めるなんて!

続きが 凄く楽しみにです!
2011.08.16 00:00 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."ありがとう~!"
私の文学のしっぽは、トカゲのしっぽのように切れてしまって、今では、ブログを書くことだけが唯一の文章表現?です。
2011.08.16 03:11 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."りんりんさん"
文学おばさん!!
恥ずかしいです~。
2011.08.16 03:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/127-5a0a58c1
該当の記事は見つかりませんでした。