縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

気分転換に

テンプレートを変えてみました。
fc2は、テンプレートの数が豊富です。
中でも、サリイさんデザインのテンプレートのファンです。
以前のテンプレートも、サリイさんのデザインでした。
しばらくこちらでお付き合いくださいね

さて、今日は「角の縫い代の始末」について。
角

このような角の縫い代は、カットしてから表に返すと、縫い代同士が重なってごろごろしないので、きれいに角が出せます。

ただ、どの程度カットすればよいのでしょう?
まず、角のミシン目同士を重ねて二つ折りにします。
それから、ミシン目をはさんで、輪の方と縫い代側が二等辺三角形の等辺になるように、縫い代をカットします。
この時、三角形の頂点の先は、2~3mm残して下さいね!(ほつれてしまいますから。)
右側がカットしたところ。縫い代カット

縫い代は、きれいに折って表に返し、目打ちで角を整えてアイロンをかければ出来上がり。
目打ちで角を引っ張ると、縫い代がパンクしてしまうことがあるので、少し横から押し出すように使うのがポイントです。

直角の角の縫い代カットは簡単ですが、襟先などの鋭角な角は、このように考えると、1度できれいに縫い代のカットができます。
どうぞ、お試しください。

スポンサーサイト

Category : 縫い方
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/145-ce207427
該当の記事は見つかりませんでした。