縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

あけびと栗とオートクチュールと

件のルームシューズを持って、Bunkaの恩師のご自宅へ伺いました。

ジャングルのようなお庭から、あけびを採って下さり
「子供たちに見せてあげて下さい。」
とお土産にいただきました。

その他、2週間チルド室で寝かせてから茹でたあま~い栗やら、(お庭で採れた)ゴーヤのマリネ、(これもお庭で栽培された)ジェノベーゼソース、果ては歌の発表会でお召しになったオートクチュールのワンピース等々、素敵な物をたくさんいただいて参りました。
こちらです。あけび等
この、オートクチュールのワンピースの素材と仕立てが素晴らしいので、改めて細部の写真撮影などして、ご紹介したいと思います。

日々のお話から、新原型・新原型に連動しているボディ(家のO橋君もそうです。)・最近の学生気質(授業を携帯で撮影して、その画像を持って質問に来るとか…)やBunkaの現状などたくさんお話して、宝物のような時間を過ごしました。

先生のアトリエには、真っ赤なジャケットの標本とダーツをマニピュレーションしたパターンが下がっていました。
帰宅して、ゴーヤのマリネをつまみ食いしたところ、あまりの美味しさに
「来年までにレシピを教えてください。」
と思わず、お礼のメールにかこつけて、お願いしてしまいました。

いつまでもお元気で、私のような後輩に刺激を与えていただきたいと願います。

さて、岩手から梟便で、小岩井農場の乳製品をいただいたので、おやつは久しぶりのふんわりパンです。
ふんわりパン帰宅した子どもたちは、ハイエナのように
貪り食しておりました。

スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ppart says...""
何だか、とても素敵!
本当に宝物のような時間でしたね。
古き良きものと、新しいものを両方を持ち合わせた生活をされているのですね。
2011.10.29 11:20 | URL | #- [edit]
f-ぐらんま says...""
素敵な先生をお持ちですね。
(私の洋裁の先生も旧原型と新原型を使い分けていらっしゃいます。)

パンのいいにおいが漂ってきそうな写真です。
わかります。ハイエナみたいな子供たちがいたころ、私もパン作りました。焼き立て、本当においしいです。
2011.10.29 12:45 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."ppartさん"
大変魅力的な先生です。
私は、先生の助手の時に「私でも子供を持っても良いかな~?」と思うようになりました。
人生の師でもあります。
2011.10.30 05:37 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."f-ぐらんまさん"
実は、この新原型研究中、まだ助手でしたので、偉い先生方の打ち合わせにお手伝いで同席したことがあります。

パンは、殆どホームベーカリーがこねてくれます。私だと根性がないので(*^_^*)
2011.10.30 05:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/181-4ed2623c
該当の記事は見つかりませんでした。