縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

オーダーミス

オーダーミスをしてしまいました。
10月のイベント「四季彩展~秋~」でご注文いただいたハーフラウンドファスナーポーチ、Sサイズ×2個、Mサイズ×2個を、それぞれ1個ずつと勘違いしてお作りし、納品。
こちらがSとMです。ファスナーポーチS・M
しかも、次の11月初めのイベント準備があったので、1カ月お待ちいただいた挙句のオーダーミスです。

ご依頼主様から改めて、同じポーチのLサイズ×1個、Sサイズ×2個、ポケットティッシュカバー×2個をご注文いただきました。
そしてこれも、次の次の11月末のイベント終了までお待ちいただき、漸く納品させていただきました。
大変申し訳ありませんでした。ファスナーポーチS・L
ファスナーポーチS・L裏
SとLです。ファスナーポーチS・L中 布は、ご依頼主様のセレクト。
そうそう、今回は内ポケットを2個付けるよう、ご要望をいただきました。

イベントの都合でお待ちいただいた上に、オーダーミスまでしてしまって、本当に申し訳ありません。
でも、とても暖かく見守っていただき、大変嬉しく思っています。

さて、今日はがま口のパターンメーキングのお話しの予定でしたが、この話題は次回にさせていただき、ちょっと気になる縫製仕様について。
boyにYニ○ロのブーツカットジーンズを購入しました。
まだ2回しか着用していないのですが、ジーンズの裾に糸が出ていたので、何も考えず引っ張ったら、び~っと糸がほどけました。

失敗!『環縫いミシン』仕様だったのですね!?

皆さんもご経験があるかと思います。スカートの裾のミシン糸を引っ張ったら、ほどけてしまった・・・ということ。

縫い方は違いますが、両方とも『環縫いミシン』です。下糸がなく、1本の上糸で鎖編みのように縫って行くので、1箇所ほどけた糸を引っ張ると、一周全部糸がほどけてしまいます。
こんな時の応急処置は、鎖あみの輪を見つけて、ほどけた糸をそこに通して引くと、それ以上ほどけることはありません。帰宅してから、その糸で続けて手でまつればOKです。

さて、この環縫いミシンは、糸をほどくのが簡単ということもあり、裾のまつり縫いなどに使われますが、その他、工場の作業工程上では、下糸がないので作業効率が上がります。
『本縫いミシン』は、上糸と下糸があり、それが布の真ん中で絡み合って縫って行く構造です。下糸はボビンに巻いて窯に入れるのですが、縫っているとなくなります。それで、下糸を交換する・・・・という作業が発生します。イコール、作業が止まる・・・・作業効率が落ちる。

一方『環縫いミシン』は、下糸が無いので、コーン巻きの上糸(数千メートル単位)がある限り縫い続けることができるので、作業効率が落ちません。

縫い目の構造上、縫製仕様によっては使える場合とそうでない場合がありますが、boyのジーンズの裾のケースは、
「ああ、この仕様で価格を下げたのだなぁ。」
と感じました。

他に、ボタンホールも、通常のボタンホールに閂止めをした場合と、流れ閂止め釦ホールにした場合では、一工程違います。
デザインとして流れ閂止めボタンホールにしている場合は、また別です。
長くなりました。
ボタンホールについても、詳しくはまた今度!



スポンサーサイト

Category : 作品
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/202-bb75993d
該当の記事は見つかりませんでした。