縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

手を出さないもの

縫製と布花のコサージュと刺繍・・・・これを3本の柱として、これ以上手を広げないように気を付けています。
中途半端になるのが心配なのと、のめり込むのが怖いのです。

それで、興味はあるけれど手を出さないことの一つにしているものが、キルト。
キルトフェスティバルに出かけたり、地元のキルト作家の方々の作品展などを拝見するにつけ、その芸術性にくらくらします。

これは、恐ろしい世界だ!
足を踏み入れてはならない!

と心の中で警鐘が鳴ります。(大げさ?)
何といっても、洋裁だけでも奥が深く、+コサージュ+刺繍だけで手いっぱいなのです。

・・・・残念なことながら。

私が楽しめるのは、せいぜい切り替えと、ヨーヨーくらい。

今、オーダーいただいているサンプル縫製が「キャス・キッドソン」尽くし。
(ご覧いただけないのが残念ですが)春らしくて、何だかとても嬉しいです。

それで、こんな本を買ってみました。

キャス・キッドソンの世界 patch!キャス・キッドソンの世界 patch!
(2012/02/22)
キャス・キッドソン

商品詳細を見る

最近の付録つきのムック本は、付録の素材や縫製がひどくて、がっかりさせられるものが多いのですが、こちらの付録は、13cm×13cmのキャスの端切れ7枚と、キャラコと綿テープ。
これで、表紙のトートバッグかクッションが作れるようになっています。
本の内容も、カタログのようなムック本とは一線を画していると思います。

こういう素材の付録は、かなり嬉しい。
キット通りには作らないで、何に使うか妄想中
スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

つれび says...""
あ、わかるーー
私もキルトとレースは、とても興味があるのだけれど手を出さずにいます。
刺繍の図案をつくるのに煮詰まったら、きっとそちらへ逃げてしまうだろうから(笑)。
2012.03.21 07:25 | URL | #- [edit]
再和衣 says...""
すごくよくわかります。
いいなとおもっても、体験とか、ワンデイでチャレンジするだけで、とどめておかないと、材料を買って死蔵させかねないです。
でも、キャスの作品は見てみたいです。
2012.03.21 12:24 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."つれびさん"
つれびさんもですか?
私も、現実逃避しがちです。
でも、気になりますね!?
2012.03.21 15:27 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."再和衣さん"
パッチを始めると、今よりもっと端切れが捨てられなくなります。
死蔵品・・・・熟成させて、お酒にでもなってくれるといいのですが(*^_^*)
2012.03.21 15:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/249-7a8a400e
該当の記事は見つかりませんでした。