縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

ちくちくワークショップ~がま口ポーチ編~

『ちくちくワークショップ~がま口ポーチ編~』終了しました。

今回は、「little Stitch」さんの職業用ミシン2台+縫い工房のミシン1台=3台で実施。
2人でミシン1台の予定で、定員を6名に設定しましたが、キャンセルもあり、受講生は3名!
ひとりミシン1台!という、専門学校より贅沢なワークショップになりました。
参加いただきました皆様、ありがとうございます。

内容は、布の取り扱いから、接着芯の話、がま口の縫い方、がま口金の付け方、パターン展開etc.
と、いくらでもしゃべれますが、プロを育てる専門学校の授業とは違うので、受講生の方が、必要な所だけ選んで
お持ち帰りいただければ・・・・と思います。

完成品は、こちら。
ワークショップがま口作品
SAJOUの布、人気ですね?ピンクのドットも可愛いです

がま口の袋部分を縫うのはスムーズに進みましたが、やはり、手こずったのはがま口金を付ける工程。
ポイントを踏まえて、後は、パターンと経験で上手に付けられるようになると思います。

がま口金と袋布を付ける接着剤は、こちらを使用しています。

〔菱洋〕 カネスチック〔菱洋〕 カネスチック
()
菱洋

商品詳細を見る

初めは、手芸用の白いボンドを使っていましたが、お客様から
「口金が取れてしまった。」
というお直しをいただくことが何度かあり、ボンドを変えてみました。
こちらのボンドも、乾くと透明になり、はみ出したボンドはきれいに取れるので、安心です。
基本形とヴァリエーションのパターンもお配りしました。パターン
がま口ポーチに何を入れてお使いになるのか?お知らせいただければ嬉しいです

さて、夕方は、6時間授業で帰宅した双子girl(boyはサッカー)を連れて、国分寺「cafe Slow」HPはこちら→()の
『森ー結び目ーmarico×瞳硝子 二人展』に参りました。
瞳硝子氏の、ここ数年の集大成ともいえる作品展でした。
・・・・が、急いでいたためカメラを忘れました
連れ帰ったのは「ぬりかべおくさんストラップ」。ぬりかべ奥さん
左は、girlがお守り代わりにランドセルに付けているので、年季が入っていますね?

おまけは、帰りにパン屋さんで買ったドーナツとワークショップの後でお出しした「バナナケーキ」のはじっこ。
おやつ

次回ワークショップのテーマもいただきました。
ミシン使用で、定員6名はちょっと窮屈・・・・3名位が丁度でした
ちょっと示範が足りなかったなぁ・・・・と反省。
スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  1 trackback

4 Comments

つれび says...""
先生、昨日はご指導ありがとうございました。
楽しかった~、充実していた~、できあがりも可愛い~。
私は早速に化粧品を入れました。これから毎日持ち歩きます。

これからもよろしくお願いします。
2012.06.06 07:34 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."つれびさん"
ご参加ありがとうございました。
是非、つれびさんのオリジナルのがま口ポーチを作って下さいませね!
楽しみにしています。
今度は、私が生徒で伺いますね~♪(6月はちょっと追われているので、そのうち、必ず!)

化粧品・・・・私も口紅と鏡だけでなく、もうちょっときちんと持ち歩きます。

2012.06.06 18:17 | URL | #- [edit]
再和衣 says...""
三人の教室なんて、ぜいたくですね。
素敵ながま口ができて、およろこびでしょう。わたしも、行きたかったな。
新しいイベント参加が決まりました。製作に頑張ります。
2012.06.07 15:14 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."再和衣さん"
そうですね~ミシンはひとり一台で、贅沢でしたが、スペース的に3~4人が限界かな?と思いました。
ミシンを使わない場合は、もう少し大人数でも大丈夫です。
新しいイベント、楽しみですね(*^_^*)
私は、PTA役員で時間を取られて、息切れしています。
2012.06.07 23:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/289-77e9cec1
まとめtyaiました【ちくちくワークショップ~がま口ポーチ編~】
『ちくちくワークショップ~がま口ポーチ編~』終了しました。今回は、「little Stitch」さんの職業用ミシン2台+縫い工房のミシン1台=3台で実施。2人でミシン1台の予定で、定員を6名に設定しましたが、キャンセルもあり、受講生は3名!ひとりミシン1台!という?...
該当の記事は見つかりませんでした。