縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

いんちきその後

先日刺繍した、いんちきな虫と太陽を作品に仕上げました。
あ!これは反対側!ギャザーバネポーチ1 
メインはこんな感じです。ギャザーバネポーチ2

「little Stitch」さん→()で手に入れた3種類の布を、順列組み合わせ。

『星と虫』展 in 夢工房
7月5日(木)~10日(火)

出品予定です。
パターンは、以前ご紹介しました。角型バネポーチからの展開です。

ところで、長男が好きだったこの絵本。

ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)
(1993/07/08)
ルドミラ・ゼーマン



ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)
(1994/06/10)
ルドミラ・ゼーマン



ギルガメシュ王さいごの旅 (大型絵本)ギルガメシュ王さいごの旅 (大型絵本)
(1995/10/04)
ルドミラ・ゼーマン


boyも好きです。
上の2冊は持っていますが、3冊目は時々読みたくなった時に、図書館で借ります。
ギルガメシュ叙事詩は、世界最古の物語のひとつで、5000年以上昔のメソポタミアで、粘土板に記されました。
3巻目で、永遠の命の秘密をたずねて、ウトナピシュテムに会いに行ったギルガメシュは、
「六つの昼と七つの夜のあいだ、目を覚ましていなくてはいけない。この壁にほりこんであるわたしの物語を、
わたしが読むあいだ、ねむってはなりませんぞ。」
と言われますが、物語を終えた時、ギルガメシュは眠っていました。
この、ウトナピシュテムの語る、自らの物語を聞いた双子
「ノアの箱舟だぁ~!」
旧約聖書とメソポタミアの叙事詩と、どのような関連があるのか?
不勉強な私には分かりません。ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。

「ノアのはこぶね」ブライアン・ワイルドスミス
ノアのはこぶね アマゾンに画像がありませんでした。

すでにぼろぼろの仕掛け絵本です。
スポンサーサイト

Category : 作品
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/299-3925f668
該当の記事は見つかりませんでした。