縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

キッズ イン ザ キッチン 再び

夏休みの終わりに参加したTOKYO GASの「キッズ イン ザ キッチン」に、双子再び参加しました。
メニューは『もちもちすいとん』『ミルクフルーツかん』
およそ1時間半で完成。
双子girl撮影。girl撮影
双子boy撮影。boy撮影
きのこ類が苦手な双子、学校の給食は小さく切ってあるので丸飲み・・・・ところが今回、しいたけは子供が切ったので1/4ほどの大きさだったそうで、
「しいたけ、大きいから噛んで食べた。味はしなかったけど、その後ぶるぶるって震えちゃった~。」
と双子girl。どれだけきのこが嫌いなのでしょう!
双子boyは?と問えば、
「自分でお皿によそう時、しいたけは入れなかった。」
そうです。

それでも、前回のメニューよりかなり美味しかったらしく、帰宅後夕飯の「けんちんうどん」は、
殆ど2人で作ってくれました。

先週は、双子girlのクラスで読み聞かせ担当でした。

ふかい森のふたりはなかよし (児童図書館・絵本の部屋―スーザン・バーレイの絵本)ふかい森のふたりはなかよし (児童図書館・絵本の部屋―スーザン・バーレイの絵本)
(1999/05)
セルゲイ コズロフ

商品詳細を見る
今回は、この中から3つのお話を読み聞かせ。
3年生もそろそろ終わりですが、とてもお行儀よく聞いてくれました。

それからこれは再読本。
荻原規子は「空色勾玉」シリーズをむさぼるように読みました。
これは、それよりかなり前、家に高校生も中学生もいなかった頃に読みました。

樹上のゆりかご樹上のゆりかご
(2002/05)
荻原 規子

商品詳細を見る
主人公は「辰川高校」の2年生女子。東京都の学群制度が存在した頃のお話で、その説明に「辰川高校」と「邦立高校」が出て来ます。
どうやらこれは、隣の市の「立川高校」と市内の「国立高校」らしい・・・・今では、どちらも自校式の入試を実施している東京都の進学指導重点校です。
最初のエピソード「辰川高校合唱祭」が、自分の高校の合唱祭の記憶と重なります。
今は共学となった福島の高校、当時は殆どが男女別学でした。
6月頃に実施される「合唱祭」は、クラス一丸となって練習に励みました。
母校は合唱優秀校で、数年前旅立たれたW辺先生のご指導の元、全日本合唱コンクールで長く優秀な成績を修めていました。私は合唱部ではありませんでしたが、芸術科目で音楽を選択していたので、授業でW辺先生のご指導をいただいていました。
合唱祭の練習は、合唱部員が中心に進められ、朝練のため6時半の電車(いつもは7時半!)で登校したなぁ・・・・
等と丁度家に高校生がいるものですから、前に読んだ時よりも、更にいろいろ自分の高校生の頃を思い出してしまいました。
数年前、創立100周年を記念して、「母校の制服りかちゃん」が作られました。
私は購入しなかったので、こちらをご覧ください→(
ついでに、You tubeで校歌&制服りかちゃんも発見→(
スポンサーサイト

Category : 絵本or本
Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

フリル says..."ま~!"
縫い工房さん こんにちは!
「母校の制服りかちゃん」をクリックしたら・・・びっくり!
私の母と叔母と従姉の母校ですよ。
まさかと思っていましたが、ここでも縫い工房さんとつながりがあったなんてビックリしました。
私は行ったことは無いのですが、母は「安女」(あんじょ)と言っていましたよ。
2013.02.25 11:35 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."フリルさん"
フリルさんのお母様と叔母様・従姉さんも安女(あんじょ)なんですか~?
「はなかつみ会」(同窓会の名前です)が開けますね!?
フリルさんとは何かとご縁があるようで、嬉しいです(*^_^*)
今は共学になって「黎明(れいめい)」と呼ぶようです。
制服はそのまま変わっていないそうですよ!
2013.02.25 17:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/407-83c5a617
該当の記事は見つかりませんでした。