縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

春のたより

突然!満開を迎えました。
桜 大学通り ※小さい写真はクリックで拡大できます。
あれよあれよという間に桜の頃を迎え、何か忘れているような気がしていましたが、それはこちらです。

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)
(1989/04/03)
坂口 安吾

商品詳細を見る

毎年お約束の本を読まなくては!
昨日終業式を迎えた双子を連れて、お花見に出かけました。メインストリートは年に2回(もう1回は天下市の時)の混雑ぶり。

人混みを逃れて、市内の大学キャンパスに足を向けると、丁度卒業式だったようで、門の前にはスーツ姿や袴姿の学生さんがいっぱい!
先日漸くDVD観賞した映画が、頭の片隅に残っていて、主人公の花は卒業しなかったのだなぁ・・・・と感慨しきり。

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)
(2013/02/20)
宮崎あおい、大沢たかお 他

商品詳細を見る
映画の初めの方の設定が、この大学キャンパスと駅前周辺で、
アニメなのに地元がモデルという、何だか不思議な映画でした。
いつものように双子を放し飼いにしつつ、私は読書・・・・。

贖罪 (双葉文庫)贖罪 (双葉文庫)
(2012/06/06)
湊 かなえ

商品詳細を見る

いやもう、こういうどろどろを書かせたら、今や天下一品の作家ですね。

ベンチで本を読んでいると、大学院生を名乗る若い男性が来て、「一橋大学の活用法」などの聞き取り調査を受けました。

どんな目的で利用するのか?
月に何回くらい来るのか?
どんな所が好きか?
市民利用の為の要望はあるか?
市の公共施設でもっとも利用頻度が高いのはどこか?etc.

最後の質問に、迷わず
図書館です!」
と答えたら、ちょっと笑われてしまいました

「背面にファスナーのついたポケットティッシュケース」のオーダーをいただき、サンプルを件のベンチで撮影。
ポケットティッシュポーチ ポケットティッシュポーチ2

梟便で、春の便りをいただきました。「いかなごのくぎ煮」です。
いかなごのくぎ煮 あたたかいご飯にとても合います。

さて、今日も何だか追われるような気持ちで、桜の季節を楽しみましょうね!?
スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

装衣ng says..."No title"
桜も満開ですね。

春の便り、美味しいですね。ご飯を食べ過ぎちゃいそうです。
2013.03.23 15:38 | URL | #zw0YDIiA [edit]
縫い工房 says..."装衣ngさん"
朝目覚めて、カーテンを開けると満開の桜・・・・何だかとても人生の得をした感じです。
いかなご、お酒のつまみにもぴったりです。
2013.03.24 06:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/417-8d303d74
該当の記事は見つかりませんでした。