縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

ちくちくワークショップLesson6~Tildaで作るワイヤーポーチ~

引き続き6月のワークショップのお知らせです。

ちくちくワークショップLesson6~Tildaで作るワイヤーポーチ~

Tilda製品お取り扱い「Scanjap」様のご了承を得て、吉祥寺「Bobinage」さんミシンルームでのワークショップ開催となりました。
Tidaワイヤーポーチ1
日時:6月11日(火)午前の部 10:30~12:45 定員10名(残席6名様です。)
            午後の部 13:30~15:45 定員10名(残席9名様です。)

場所:「Bobinage」 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
    3Fミシンルーム

参加費:4000円(講習料・材料費・オリジナルパターン含む)

お申込み・お問い合わせ:「縫い工房」ブログサイド欄のメールフォームよりお願いします。
            折り返し、お申込み確認メールをお送りし、それでお申込み完了となります。

内容:Tildaのテキスタイルを使って、時間内にワイヤーポーチを完成させます。

   1縫い代付きパターンを利用した、印付けをしない縫製方法
   2地直しの方法
   3柄あわせの方法
   4裁断、接着キルト芯の扱い方
   5基本的なアイロン・ミシンの使い方
   6ワイヤーポーチを時間内で制作する過程で、時間が許す限り1~5の内容を説明予定。
   7アクセントに、共布で8枚重ねの手もみの花を作り、リボンとまとめて、ポーチに付ける。

使用材料:表布 Tilda Oriental Bird
内布 Tilda Lining(Pink)
手もみのコサージュ 上記表布と裏布 ・ Lining・Emma(くるみボタン)
     リボン

持ち物:家庭用ミシンのボビン・小鋏・裁断鋏・目打ち・待ち針・縫い針・20cm程度の定規・チャコナー等
    (「ボビナージュ」さんで購入できます。)

※「Bobinage」さん3Fミシンルームは、講師を含めて5名以上使用可なので、皆様のご参加お待ちしております

表布にキルト芯を貼ってふんわり仕上げたワイヤーポーチ、中と側面はこんな感じです。
Tidaワイヤーポーチ2 Tildaワイヤーポーチ3 Tildaワイヤーポーチ4
クリックで拡大できます。

スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

装衣ng says..."No title"
わりと早く実現しましたね。良かったですー。
どちらの生地も作品に仕上げた方が可愛いですよね。
お花のコサージュもいいですね。
2013.05.10 11:40 | URL | #zw0YDIiA [edit]
縫い工房 says..."装衣ngさん"
いえいえ、まだ受講希望の方が集まるかどうか・・・・?
どちらの布を表に使っても可愛いですよね!?
お花モチーフは、コサージュのペップを包みボタンに変えました。
2013.05.10 17:25 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."お申込みありがとうございます。"
午前の部、お申込み承りました。
ありがとうございます。
Fbからメッセージを送らせていただきました<m(__)m>
2013.05.15 08:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/440-32470f6a
該当の記事は見つかりませんでした。