縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

いたたたた…

稽古初めの前に、新年早々高2長男の剣道用籠手を繕いました。
針先が削いである皮革用の針を使うと皮が切れてしまうので、6番の長針を使い、穴糸を蝋引きして縫いました。
本音は、そろそろ籠手は新調してほしい…皮以外の本体もあちこち擦り切れていて、臭いも
「この籠手は手に馴染んで使いやすい、新しい籠手が自分の手に馴染むまで時間がかかる…。」
と本人は申します。
と言うわけで、繕った母ですが、皮が立体になっているので縫いにくく、指抜きで針のおしりを押しつつ指先を刺してしまい、
いたたたた
を飲みながらの繕い物はいけませんね。
いずれにしても、使える物を直して使う精神は、母も見習わなくては…。

さて、この6番の縫い針、一瞬刺繍用の針かと見紛うほど太く見えました。
何故かというと、年末年始にかけて、初めてのビーズステッチにチャレンジしていたからです。
この、ビーズ針がとても細いので、その後に見た6番長針がとても太く見えてしまったというわけです。

Clover ビーズステッチ針<長短取合せ><75-484>Clover ビーズステッチ針<長短取合せ><75-484>

Clover


ビーズは刺繍以外には手を出さないことにしていましたが、今年ひとつめの「やってみる」で完成したのがこちら。
ビーズステッチシュシュ 写真は全てクリックで拡大できます。
「ステッチリボンのシュシュ」キットのベージュを初めに作り、楽しくなって2つ目はブラックで。
楽しかった
こんなシュシュが欲しいと思いつつ、既製品でこれぞ!というものが見つからなかったので、頑張りました。
ビーズも敬遠しないで、刺繍以外でも作品に取り入れていけたらいいなぁ・・・・と思い直しました。

おまけは、長男用ペンケース。
2年前に作ったペンケースに筆記用具をぱんぱんに詰め込んでいたので、9号帆布で作りました。
ペンケース(帆布) ミニペンケース2
左が帆布の新作(大きめ)、右が2年前?に作った物です。
ちょっと形が面白いので、作品展用にも作りたいアイテムです。

1月の『ちくちくワークショップLesson1-1~深紅の薔薇のコサージュ~』は残席1名様です。
詳細はこちら→(
1月2回目『ちくちくワークショップLesson1-2~移動ポケット~』も、お申込み受け付け中です。
こちら→(
今年は、ワークショップの回数を増やそうと思っています。これも「やってみる」ことの一つ。
2月は、1回目の出張講習が既に決まっているので、2回目は「がま口ポーチ」を2月下旬に実施予定です。
『パターンから作るがま口ポーチ』で、受講生の方がお持ちいただいた口金からそれぞれオリジナルのパターンを引いていただき、手縫いで仕上げるところまで出来ればと思っています。
詳細決定したら、お知らせしますね!?
どうぞお楽しみに
スポンサーサイト

Category : 作品
Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

装衣ng says...""
ビーズステッチも気になりますが、タティングが中途半端なままになっています。
ダメダメです。
新作のペンケースは使いやすそうですね。
2014.01.06 12:47 | URL | #zw0YDIiA [edit]
縫い工房 says..."装衣ngさん"
ビーズステッチ、7人展の時に見学して、「私にはとても無理だわ~」と思ったのですが、これは「中級」程度でした。
オリジナルは無理ですね~(@_@;)
タティングは難しそうですね!?
2014.01.06 16:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/544-4b1e275a
該当の記事は見つかりませんでした。