縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

履修登録

大学時代の友人と履修登録科目の相談をしている夢を見ました。
そろそろ受験生の高2男子が、大学について調べており、大学時代の話をする機会があるせいでしょうか?

「国語史」の先生は、授業中自分のノートをひたすら読みあげて学生に書き取らせ、そのノート持ち込みの試験だった、とか。
「東洋美術史(日本美術史だったか?)」の先生は、比較文化のような講義内容で、スライド!で写真を沢山見せてくれながらの授業で面白かったけど、「西洋美術史」の先生の授業は、教科書を読みあげるだけでつまらなかった、とか。
「中世国文学」の試験は『新古今和歌集について知っていることを書け。』という恐ろしい問題が一問だけで、私がまだ解答用紙の表面に書いている最中に、隣の席の友人がビラッ!と解答用紙を裏返して、裏まで書き始めたのでたいそう慌てた、とか。
「国語音声学」の先生は、「レポートはリボンで綴じてあると嬉しいです。」とおっしゃるお爺さんの先生だったので、しっかり者の友人が、リボンを一巻き買って来て、みんなでレポートをそれで綴じた、とか。

断片的にいろいろ思い出します。

社会人を経験してから入り直した専門学校は、履修科目は決まっており、課題が大変でした。

いずれにしても、脳細胞がどんどん死滅して行く私と違って、ぴかぴかの脳みそでこれから受験に臨む、高2男子がちょっぴり羨ましいと、本人に言ったら、
「安定してるくせに、何言ってるんだよ~!」
と返されました。

安定している?まだまだ、勉強中・・・・生涯勉強と思っているのですけれど。

東京は45年ぶりの大雪だったそうです。
皆様のお住まいの地域は如何でした?

双子girlは、高2男子とかまくらを作ったり、雪うさぎ?(ハムスター?)を作ったり、
かまくら 雪うさぎ クリックで拡大できます。
雪遊び三昧で、週明けは熱で学校をお休み。
双子boyはと言えば、先週末から熱やら咳やらで、雪遊びも出来ず
「次に大雪の時(=45年後?自分)は55歳かぁ・・・・。」
などと申しておりました。

「ミセスのスタイルブック 2014 春号」が届きました。

ミセスのスタイルブック 2014年 03月号 [雑誌]ミセスのスタイルブック 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/02/12)
不明

商品詳細を見る

春らしい色とデザインがいっぱい。
溶け残った雪を横目に、春に思いを馳せました。

基礎的な内容としては、「How to make タイトスカート」と「ソーイングABC 縫い代のつけ方」、「スカート作りに役立つ部分縫い集」が必見ですね。
ハンドメイド作品展でも「こんなファスナーの付け方の作品を売ってしまうんだ~。」と思う事があるので、ちょっと心配な方はご覧になって、部分縫いをされるのも大事なことかと思います。
「縫い代のつけ方」は縫い方仕様によって変わります。私は、仮縫い合わせのあるオーダーの洋服以外は、縫い代付きパターンを作り、印付けをしないで縫っています。
『ちくちくワークショップ』では、布端とステッチ定規を合わせて縫う縫い方と目で見る位置をお知らせしています。
パターンメイキングをしっかりしておけば、印付けをしないで縫う方法は、とても早くできあがります。

私的には「4Wayで使えるがま口バッグ」が気になりました。
2月末に『ちくちくワークショップLesson2-2~パターンから作るがま口ポーチ』を実施ご案内中ですので・・・・。
詳細は、こちら→(
4月には、リクエストにお応えして、『ちくちくワークショップLesson4~がま口バッグ~』を計画中です。
3月4月のワークショップについては、しばらくお待ちください
スポンサーサイト

Category : 絵本or本
Posted by 縫い工房 on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

再和衣 says...""
学生時代の夢ですか。若いですね。
脳が柔らかいうちに、もっと勉強すればよかったといつも後悔です。

六甲山の北と南では景色が違います。
まだ、路肩には雪が残ってます。

スタイルブック、買いに行きます。
2014.02.11 08:30 | URL | #- [edit]
Aきやま@山猫軒 says...""
受験勉強や履修登録の夢は見ないけど、留年決定して掲示板の前に滝汗かいて立ち尽くしてる夢は今でもたまに見てうなされますw。

うちの高2女子は大学ちゃんと受けるつもりあんのか。・・・・・困ったもんですが、オレも子供に説教できるような人生送ってきてないしねえ。とはいえ、東京に行くって意志だけはあったから勉強はソコソコしたけど。
成績ドべでも学校は楽しいみたいですから、それはそれで良いんですけどね。
そろそろ何になるつもりなのか、漠然とでもいいから考えてくれんとなあ。頭イテ。
2014.02.11 10:58 | URL | #P64FfkJY [edit]
縫い工房 says..."再和衣さん"
「ミセスのスタイルブック 2014 春号」は12日発売です。
年間購読しているので、昨日届きました<m(__)m>
山を挟むと気候が変わるんですよね・・・・福島は、天気予報が「浜通り」「中通り」「会津」と地形の影響で3つに分かれています。
2014.02.11 11:55 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."Aきやま@山猫軒さん"
それはまたリアルな夢で、恐ろしいですね!
お嬢さん、学校が楽しいのは何より・・・・私は高校時代落ちこぼれで、暗かった。プチ登校拒否にもなりました。
お嬢さんは、やりたいことがはっきりしているから、大丈夫でしょう(*^_^*)
高校生活、家の高2男子を見ていると、本当に楽しそうで羨ましいです。


2014.02.11 14:14 | URL | #- [edit]
toughgirl says..."わかります"
若い人のやわらかい脳、うらやましいです。

いま、文章や三線を習いはじめている自分。
生涯勉強の気持ちでいいんだ、と思う反面、どこまでやれるのかな~とぼんやり考えたりして。

いままでの勉強不足は、これからの勉強で補うしかないんだなあ、と痛感します。


でも、これから始めることへ向かうときの緊張感も、決して嫌いではないです:笑

2014.02.11 22:52 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."toughgirlさん"
人生経験を積まれた上での習いごとは、若いころとは違うものだと思います。
ただ、高2男子を見ていると、このサイボーグのような回復力と、ぴかぴかの脳細胞が、今の自分にあったら何でもできるような気がするのです。
ま、実際そんなに出来るわけはないのですけど(^_-)-☆
2014.02.12 17:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/557-f55bbbb1
該当の記事は見つかりませんでした。