縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

春爛漫…がま口バッグワークショップサンプル追加

一気に春爛漫・・・・
メインストリート 
慌てて、恒例の本を借りて来て読んでいます。

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)
(1989/04/03)
坂口 安吾

商品詳細を見る


さて、『ちくちくワークショップLesson4-2~パターンから作るがま口バッグ~』サンプルその2を作りました。
がま口bag1 がま口bag2 がま口bag3 がま口bag4
写真は全てクリックで拡大してご覧いただけます。
「ミセスのスタイルブック 2014年春号」に掲載されていた4WAYバッグが気になって、作ってみました。
がま口のサイズも掲載作品とは違いますが、作図もオリジナルです。
クラッチバッグ→ハンドバッグ→セミショルダーバッグ→斜めがけバッグの4通りの使い方が出来ます。
取り外し可能な、手もみのコサージュを付けてみました。

4月25日(金)10:00~12:30 「little Stitch」in 国分寺 でのワークショップでこちらを作ってみたい方は、
メール・サイド欄のメールフォームなどからお申し込みください。
こちらは、参加費+材料費=6000円です。

前回お知らせした記事は、以下の通りです。赤字が追加内容です。
サンプルの2種類のがま口バッグは、「little Stitch」さんに預けてありますので、
実物はお店でご覧ください。

3月に「パターンから作るがま口ポーチ編」を実施しましたので、次はバージョンアップしてがま口バッグに挑戦しましょう!
お好みのがま口金からパターンを引いて、がま口バッグを作ってみませんか?

がま口bag1 がま口bag2 写真は、クリックで拡大できます。

日時:4月25日( 金 ) 10:00~12:30
場所:「little-Stitch」 東京都国分寺市光町1-38-3 国立駅北口徒歩5分
定員:4名様(最少実施人数2名様)
参加費:
A 上記写真のパターン使用で、材料キットのものを制作・・・・5500円
  ※キット材料内容は、縫い工房オリジナルパターン・がま口金・キルト芯・表布と裏布(布柄はおまかせください)など。
   チェーンストラップはキットに含まれません。
B 口金のみ「縫い工房」より購入し、上記デザインでご自身でお持ちになった布で制作・・・・4500円
C 口金・表布・裏布その他ご自身で準備され、パターンを引いてオリジナルのがま口バッグを制作・・・・3000円
D  4WAYがま口バッグパターン使用で、材料キットの物を制作・・・・6000円

※パターンメイキング・裁断・縫製の場合、時間内完成はちょっと難しいです。
最後まで工程をご説明しますので、残りはご自宅で完成させていただくか、12:30以降は「litte Stitch」さんの時間貸しをご利用いただき、完成させてくださいね。(12:30~も縫い工房はおりますので、どうぞご一緒に。)

お問い合わせ・お申込み:「little-Stitch」さん 電話042-505-5837
「縫い工房」へは、通常のアドレス・サイド欄のメールフォームよりお願いします。
お名前・ご連絡先(メールアドレスor電話番号)・A~Dのどちらでご参加いただくか、お知らせください。

持ち物:基本的な洋裁用具(裁断鋏・小鋏・目打ち・待ち針など)
    材料持参の方は、洋裁用具と材料。
    パターンからの方は、作図用紙・作図用具(方眼定規・筆記用具など)・洋裁用具・材料。

がま口金差し込み がま口金縫いつけ
左は、18cm「CUBE」キャンディ刺し込みタイプ、右は、19.5cm縫いつけタイプ。
両方ご説明します。もっと大きながま口金でも、OKです。

がま口金は、種類が豊富なこちらのお店をご覧ください。→「角田商店」(クリックでお店のHPへ)

ゴールデンウィークは、オリジナルのがま口バッグを持って、出かけてみませんか?
皆様のご参加、お待ちしております。
スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/575-d8b97553
該当の記事は見つかりませんでした。