縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

裏地の話

ふわもこの季節がやってきたので、ふわふわキャンディポーチを作りました。

ふわふわキャンディポーチ ふわふわキャンディポーチ
こちらのスパイラルファー、まだ一色しか売っていなくて、ファスナーいろいろ、裏付きにバージョンアップしました。
ふわふわキャンディポーチは、手触りが柔らかく、くたっとした感じが癒し系ですが、去年のWSの時に
「WSで作るなら、裏付きが良かった。」
とご要望をいただいたので、『四季彩展』に向けて裏付きにしました。
くったり感はなくなりましたが、裏布のお蔭でころんとしたフォルムが保たれます。

裏といえば、双子girlの発表会用ドレスも、たった1回しか着ないかもしれない物ですが、裏付きです。
ドレス裏 裏スカート裾と、表スカート裾の状態。
フォーマルなドレスなので、表スカートの裾を折り上げてそのまままつるのではなく、裾に3cm5~6㎝幅+縫い代分の裏布をバイアスに切ってミシンで縫い付け、それを表スカートにまつりました。
この様にすると表にひびきにくい仕立てになります。既製品にはない仕立て方ですが・・・

「ミセスのスタイルブック2014秋冬号」でも「ソーイングABC 裏布の種類とつけ方」が掲載されています。

ミセスのスタイルブック 2014年11月号 [雑誌]ミセスのスタイルブック 2014年11月号 [雑誌]
(2014/10/11)
不明

商品詳細を見る

裏布をつけるメリットは
1 すべりをよくして脱ぎ気を楽にする
2 着用中の動作をしやすくする
3 シルエットを美しくたもつ
4 季節を問わず、快適な着心地
5 透ける表布に使ってデザイン効果アップ
6 服の裏側を隠す

とあります。夏物のスカートなど、洗濯機でがらがら洗いたい素材の時は、裏布を付けないで別にペチーコートなどを着用した方が、洗濯やアイロンの時に扱いやすいですね。
ワンピースやジャケット(夏の一重の物を除く)類は、私はほとんど裏布を付けます。
オーダーのお客様の中には、裏布は滑り過ぎるし静電気が嫌いなので、敢えて好みの木綿を裏に付けてほしいとおっしゃる方もいます。
裏布の考え方もいろいろですが、高級な素材で裏無しという仕立ての場合、裏布と縫製を節約しているのかな?と思うことがあります。

秋冬物のアイテムは、裏布必須です。
簡単ソーイングでは、飽き足らなくなった方、是非裏付きにチャレンジしてみてくださいね。
「ミセスのスタイルブック」最新号は、秋冬アイテム、洋服だけでなく小物関係も充実していますが、中でも人気の布地屋さんが提案する布とデザインの特集が、面白いので、ご一読ください。
スポンサーサイト

Category : 縫い方
Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

再和衣 says...""
新しい知識として、読ませていただきました。
着物のリメイクでスカートを仕立てる時、同系色のペチコートを付けようと、考えました。(まだ、実行してませんが)
今度のイベントに間に合うかなあ?
2014.10.22 11:58 | URL | #- [edit]
装衣ng says...""
20代の頃に洋裁を勉強した時はこの裾あげばかりでした。
今は全くしなくなりました。
息子の学生服の裾の丈出しの時にこれに似た事やりました。これって「げたをはかせる」って言うんでしたよね。
違ったかな?
2014.10.22 13:34 | URL | #zw0YDIiA [edit]
縫い工房 says..."再和衣さん"
着物リメイクスカートも、水洗いしたい私は、ペチコートを別に作って着ています。
ペチコートも着物の裏にすると、色合わせがしてあって楽しい。
バイアスの幅、訂正しました。
双子girlのドレスは、裏布をぎりぎりで買ったので、バイアス布が3㎝+縫い代分しか裁断できませんでしたが、本来は5~6㎝+縫い代分です。
2014.10.23 06:41 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."装衣ngさん"
私も20代の頃に学んだ仕様ですが、ドレスにしか使ったことがありません。
装衣ngさん、オートクチュール的!?
学生服の丈出しは「げたをはかせる」と言いますが、これは縫い代が足りないのではなく目的が違うので、「げたをはかせる」とは言わないと思います。

2014.10.23 06:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/654-171e53a4
該当の記事は見つかりませんでした。