縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

絽の着物リメイク一重の羽織り物

着物リメイク『四季彩展』編最終は、絽の着物をリメイクした一重の羽織り物です。
絽の羽織り物F.S. 絽の羽織り物B.S. 絽の羽織り物F.S.その2 写真はクリックで拡大してご覧いただけます。
「ミセスのスタイルブック2014年盛夏号」だったか?に掲載されていて、おもしろいデザインだなぁ・・・・と思い、作図しようと思ったら「文化式婦人原型=旧原型」がないんです!
どこにしまい込んだのか?
探している間に、何枚もある新原型を使って作図した方が早いと思い、結局新原型で作図しました。
絽の一重は透けるので、縫い代の始末はすべて折り伏せ縫いにしました。
袖山も袖下も折り伏せ縫いにしたかったので、シャツスリーブにデザイン変更。
後ろ襟付けと肩線だけは、バイアステープで始末しました。
前身頃の見返し奥に共布の紐を通したので、紐を引くとフロントスタイルの雰囲気が変わります。
夏物の一重の羽織り物ですけれど『四季彩展』だから、「四季」すべてのアイテムということで、展示させていただきます。
写真では見えませんが、全体的に模様が入っており、押さえた色目が上品なお品になりました。
どうぞ、『四季彩展』でご覧ください。

それでは今日は、ふじみ野市「ギャラリーあんず」さんのウィンドウディスプレイに行ってまいります。
どんな出来上がりになるか?
どうぞお楽しみに

スポンサーサイト

Category : 作品
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/663-48ea7927
該当の記事は見つかりませんでした。