縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

絶滅危惧種に思いを寄せて、双子動物園へ

野田はな子先生の刺しゅう「絶滅危惧種~Red List」を拝見したら、動物たちに会いたくなって、双子と6か月半ぶりの多摩動物公園へ。
もちろん動物園も紅葉の真っ最中。
動物園の紅葉 双子girl撮影。
9月に生まれたバクの赤ちゃんアタル君は、まだ少しウリ坊の模様を残していました。
アタル君がお母さんから離れたところにいたら
「ゴガッ!」
とお母さんバクの注意喚起の声…バクの声、初めて聞きました。
アタル君、慌ててお母さんの元に駆けて行きました。
ばく ユキヒョウ オランウータン
母親を亡くしたユキヒョウの兄弟は、すくすく成長していたし、オランウータンはbaby連れでスカイウォーク。
コアラは相変わらず餌の時間以外は寝ていましたが、全般に動物たちが活発で、狼は群れで遠吠えを聞かせてくれたし、
モグラはチューブの中を移動して餌の部屋に行き、馬のハツやミルワームをつかんでパクリ!
「きゃぁ~!」
と双子どん引きしていました。
工事区域の塀には、3Dのリアルなイラスト。
P1030399.jpg 3D 3D
たまたま撮影したら、かっこつけの双子…しかし寒がりboyと暑がりgirlの服装に季節のずれがあります。
ポスター? 動物の視野 写真はすべてクリックで拡大してご覧いただけます。
動物の視野を体験して、帰宅。
週末は双子boyの剣道三昧なのですが、おまけのような振り替え休日のお蔭で、動物園を十二分に楽しみました。
小さい頃は、動物園のアフリカエリアやアジアエリアなど、一部のエリアに絞って出かけたものですが、今では全部回ってもまだ大丈夫・・・大きくなりました。
それにしても歩いた歩いた…6時間以上動物園にいましたよ。

次回は、和布リメイクのお話です。
「ちくちくワークショップ~縫わずにできるミニがま口ペンダント」は、1回目のみ1名様空きがあります。
詳細はこちら→(

スポンサーサイト

Category : 子供たち
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/670-cbef7a18
該当の記事は見つかりませんでした。