縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

今年最後の

今年最後のWS「縫わずにできるミニがま口ペンダント」が終了しました。
今回は1回目が小学生の女の子二人と大人一人、2回目が小学生の女の子と大人二人、皆さん30分で完成しました。
裁断済みの表布東レエクセーヌと裏布のプリントを貼り合わせて、4cmのがま口にはめ込み、ワックスコードとチャームを通して出来上がり!
ミニがま口ペンダント ミニがま口ペンダント ミニがま口ペンダント
小学生の女の子たちは、慎重に進めるお子さんやさくさく迷いなく進めるお子さん・・・と個性も現れて、興味深いWSでした。
薬やアクセサリーの他に何を入れてお使いいただくのか?お知らせくださいね。
小学生の女の子の一人は、スイミングスクールの後のお楽しみ、「肉まん」を買う小銭を入れて練習に行くそうです。
皆さん、それぞれの使い方があって、楽しいですね。

がま口金は、少しハードルが高い口金ですが、これで
あ!思ったよりも簡単かもしれない!?
と思って、次は本格的ながま口ポーチに取り組んでいただけると嬉しいです。

WSの様子は、早々に「ゆーから」さんのブログでご紹介いただいたので、ご覧下さい。こちら→(
それから、ビーズ刺しゅうの先生もご参加いただき、ブログでご紹介いただいております。どうぞご覧ください。
こちら→(

ミニがま口ペンダントは、とても簡単に出来ます。次回はちょこっと刺繍orデコレーションしてブローチに仕立てるWSも計画中です。
まずは、家の双子girlに体験させてみて、皆様にご報告しますね

2014年のWSもこれで最終・・・・ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。
来年もいろいろ企画して参りたいと思いますので、どうぞご参加ください。

あ!まだもう一回、「しめ縄リース」のWSが残っていました。
こちらは、主催ではなく講師でお手伝い。また改めてご報告します。

寒波がやってきていますね。
週末は、土曜日の夜、日曜日の朝と夜合計3回双子boyの剣道の出稽古がありました。
朝の稽古では、しんしんと冷えて、吐く息が白く見えるほどでした。
また夜の稽古中、ぱらぱらと何か降る音が聞こえ、見守りの親同士
「雨?」
と言葉を交わし、稽古終了後は停めてあった自転車が濡れていました。
あれが、初雪だったのだ・・・と後でニュースで知りました。
母も寒いですが、子供たちはもっと寒い中で稽古をしています。しっかり見守って応援して行きたいと思います。
皆様も温かくしてお過ごしくださいませ

スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ぺんぐいん says..."No title"
ありがとうございました。
とても楽しいワークショップでした。がま口だけどペンダントとして今日もつけました。
2014.12.16 18:05 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."ぺんぐいんさん"
ぺんぐいんさんには簡単すぎましたね!?
がま口ペンダント、つけてくださって嬉しいです。
私も身につけよう!
2014.12.16 21:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/677-a751e495
該当の記事は見つかりませんでした。