縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

WASURENAI 2015

クリエーター集団フラーレン主催、 復興支援プロジェクト 第8弾 「WASURENAI 2015」に参加させていただく事になりました。
詳細、アクセスなどはフラーレンHPをご覧ください。こちら→(
【日時 】3月6日(金)14時ー19時
     3月7日(土)12時ー18時
     3月8日(日)12時ー18時
  
    3月11日(水)13時ー15時(直会)※グッズの販売はありません。
【場所】 「昭和な家」 新井薬師前駅徒歩2分 or  中野駅徒歩15分
【内容】 アーティストマーケット・ワークショップ&イベント

「縫い工房」は、アーティストマーケットで布周辺の作り物(和布メイン)とWS『縫わずにできるミニがま口~和布バージョン~』で参加予定です。

『縫わずにできるミニがま口~和布バージョン~』
ミニがま口和布
【日時】3月7日(土)12時~18時随時実施中(材料がなくなり次第終了。)
【場所】「昭和な家」 in 新井薬師前
【参加費】1500円
【定員】「昭和な家」4畳半ちゃぶ台で、一度に座れる人数。
     材料は10組ちょっと準備予定ですので、先着10名様。
【内容】裁断・芯貼り済みの材料を使用して、縫わずに和布のミニがま口を制作します。
    ワックスコードをカンに通してペンダントにしたり、ピンを付けてブローチタイプにしたり、使い方を考えて仕様は選べます。小学生でも大丈夫
【所要時間】30分程度
【持ち物】なし
【お申込み・お問い合わせ】当日飛び入り参加も可能ですが、予約していただければ、材料は確保しておきます。
 サイド欄のメールフォームより、「縫い工房」までお願いします。

復興支援プロジェクトなので、売り上げの一部は復興支援に使われます。
その後のレポートなどは、後日またご報告しますね。

私の周りの作り手の多く、ギャラりーの方など、「東日本大震災」に継続的に支援活動を続けています。
福島出身の私も、あちこち参加させていただき、微力ながらお手伝いできているのでしょうか?
実は、震災後すぐのイベントで、WSの参加費を寄付に充てたい…と申し出たところ、主催者に
「一人が寄付にすると、他の作家さんも同じようにしなければならなくなるので、寄付されるのであればご自身(私の事)が福島出身ということをお話いただき、他の方にご配慮ください。」
という趣旨を申し渡され、大変残念な気持ちでした。
この未曽有の大震災を前にして、「福島出身」を理由にしなければ、寄付もできないのか?
主催者としては、他の参加者への配慮も必要だとは思いますが、例えば私が寄付することにしたとして、右倣え的に寄付にする空気?というのが理解できない。
それは私が、概ね許容範囲は広いものの、自分が譲れないことに関しては右に倣えしないからですけれど・・・。

以来、チャリティが絡む活動には、自分が納得できるものにだけ参加することにしました。
・・・・というわけで、今回の「WASURENAI2015」に参加出来て、とても嬉しいです。
場所が「昭和な家」なので、和布メインの作品を制作中です。
アーティストマーケット、買う側としても楽しみです。
皆様もどうぞお出かけくださいませね。

スポンサーサイト

Category : イベント
Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/700-8651c504
該当の記事は見つかりませんでした。