縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

繕いもの

「これ、縫って!」
と家の子供たちは、よく言います。
剣道の小手の皮の穴や靴下の穴etc.・・・・気軽に言ってくれるよね~。
靴下の穴は、穴の周りをちくちく縫ってきゅっと縫い絞ると、履いたときにごろごろするので好きではありません。
大体自分の靴下は、穴が開いたら処分します。
それでも双子girlが、
「これ、気に入ってるの。」
と言うので、
「これはお家用に履いてね。今度穴が開いたら、捨てようね。」
という約束で、繕いました。
靴下 靴下 写真はクリックで拡大してご覧いただけます。
うさぎの靴下には、キャベツ?と人参。カエルの靴下には、薔薇と蓮の葉。
同じく裏には、ピンクのぐるぐるチェーンステッチ、ハートのアップリケ。
あらら、裏は薄くなっているし、汚くてごめんなさい。
昨日、家用に履いていました。(上に写り込んでいるのは、レトリーバーの子犬のぬいぐるみ&双子girlの新しい靴下の足などです。)

・・・・とこんなことをしていたら、図書館で雑誌「ku:nel」の『横尾香央留の器用で不器用な日々 吉祥寺をぐるぐるする女』という記事が目に留まり、ついでに、リクエストして借りました。
『お直し とか』 横尾香央留 アマゾンで画像がリンクできないので、詳細はこちら→(
『プレゼント』 横尾香央留

プレゼントプレゼント
(2009/01)
横尾 香央留

商品詳細を見る

Bunkaご卒業の方です。
オーダーで、お直しや殆どリメイクに近いお仕事もいただきますが、こんな風にはできないなぁ…と、じっと手を見る(石川啄木風に)。
家の子供用だから、靴下の繕い物で遊べたけれど、元来遊び心が足りない私です。・・・・要反省。

さて、バレンタインの午後、「ピ~ンポ~ン!」とインターフォンの音が鳴り響き、
「すわ!双子boyにっ!?」
と思ったら、双子girlの友チョコ配達でした。
女子力の低い双子girlは、
「お返し作らなきゃ!」
と翌日になって、母監修の元「ステンドグラスクッキー」を焼きました。
ステンドグラスクッキー ガトーショコラ
「girl、生地の扱いが雑!」
と途中で叱咤しそうになり、よく考えたら、ほとんど一人で作るのは初めてなんですよね!?
子供のやる気を削いではいけません・・・・やんわりアドバイスだけして、褒めました
右は定番、母のガトーショコラ。一昨年、ブログで作り方をご紹介しました。記事はこちら→(
クーベルチュールチョコレート、今回はミルクを使用。
「美味しい、美味しい。」
と言って食べてくれる内が花ですね

PU88 クーベルチュールチョコレート ミルク 200gPU88 クーベルチュールチョコレート ミルク 200g
()
Pastreet(ペーストリート)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

再和衣 says...""
子供さんが気に入っている靴下を繕っているお母さんが、今の日本になんにんいるでしょうか?
物を大事にすること、今ブーム『断捨離』という事と平行してもできるんですよね。
近く、本屋さんに行きますので、その時はまた、お話の共有をお願いします。
2015.02.16 14:43 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."再和衣さん"
実は私、「捨て魔」なので、本当は何でもぽいぽい捨てたい…でも、子供のリクエストだし、義母からも布はやって来るしで、何だか捨てられない状況に置かれています。
書店で「ku:nel」ご覧になるのでしょうか?
お会いして、お話もしたいですね~(#^.^#)
2015.02.17 06:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/701-593d595d
該当の記事は見つかりませんでした。