縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

裁縫上手

裁縫上手を使ってみました。
裁縫上手
去年のホビーショーで、簡単WSが大人気だったのを横目で見て、何だかなぁ・・・と思い、メーカーの方に沢山質問させていただきました。
それで、その後は使う機会のないまま今日まで・・・しかし、先日仕事で使用したいケースが現れました。
こちらです。
裁縫上手を使う 既に出来上がっている製品に付加価値を付ける。
オレンジのグログランリボン、通常であればまつり付けるか、星止めで付けたいところですが、
「簡単に効率よく、そして取れにくい方法で付ける」という課題をいただき、「裁縫上手」を使ってみました。

染みにならないか、グログランリボンに付けて試してから、実際の物に使用しました。
乾いてからアイロンをかけると、少し付きが悪かった部分もしっかりつきました。
洗濯やドライクリーニングも大丈夫だと、メーカーさんにご説明いただきましたが、疑り深い私は試してみなければ納得できません。
こちらの製品で試すわけには参りませんので、他の物で試してからご報告させていただきます。

さて、このボンドを使って他にできる事を考えてみました。
先日のコイルファスナーにスライダーを入れる際、ファスナーテープの端をライターの火であぶって溶かして硬くすると先日お話ししましたが、このボンドを少し付けて、乾いてから入れれば良いですね。
ライターを使うよりずっと安全です。

ポンポンメーカーで作ったポンポンに、きょろきょろ目玉を付けるのにも使ってみました。
毛糸のポンポンに付けているので、接着面が少ないのですが、今のところしっかりついています。

糸と針を使わなくても簡単できれいに且つ丈夫ににクラフトができる…というのがメーカーのコンセプトなのでしょうけれど、今まで使っていた水溶性の手芸用ボンドより強力に付く…という使い方が良いのではないか?と思います。

「縫いわずにできるがま口」は表布と内布を布用の両面テープで貼っていますが、このボンドを使って作ってみたいと思います。

さて、WSやセミナー開催にあたり、ストリートアカデミーに登録してみました。
4月のセミナー「ハンドメイド作家の為の基礎講座~フリマから脱却する為には?~」はこちらからお申込みいただけます。→(
直接のお申込みも承りますが、どうぞ内容をご確認ください。

スポンサーサイト

Category : 道具
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/859-9d93ac68
該当の記事は見つかりませんでした。