縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

自然クラブ再び

長男が、小学3年生から3年間参加した、市の「自然クラブ」に双子も参加しました。
長男参加の頃は、時々おまけで付いて行っていましたので、自然クラブ再びです。
この4年間で、変わったこともいくつか。
参加が小2からOK!になったこと。(以前は3年生からでした。)
申込用紙が、HPからダウンロードできるようになったこと。

内容には、大きな変化はなく、第1回目は『クワガタの観察と飼育~クワガタの幼虫を見つけよう』。

2人揃って抽選に当選することができ、幼稚園時代のお友達も参加するので、嬉しくて大変早起きの双子でした。

ホールで、クワガタの種類その他簡単な講義を受け、いよいよ、しいたけの原木の朽木を割って、幼虫を探します。
もう、夢中です。朽木から

幼虫を見つけると
「あっ、いた!」
という声があちこちで上がります。
幼虫苦手な方、ごめんなさい。クワガタの幼虫

見つけた幼虫は一度集められ、今度は飼育瓶に昆虫マットをかたく詰めて、幼虫の飼育環境の準備をします。
それから、順番に並んで、幼虫を2匹ずつもらうのですが、気が付いたことがひとつ。

幼虫は、バットの中に沢山いる中から、子供が
「これ!」
と言って自分で選ばせてもらえます。
もらった後、自分たちが手に入れた幼虫をお友達と見せ合うのですが、男子が選ぶ幼虫は、大体大きくて立派な物が多いです。
女子は、girlのお友達も含めて、小さめ。
男の子は、大きい=立派、かっこいい。
女の子は、小さい=かわいいor大きいのはちょっと苦手?

そんな気持ちが無意識に働くのでしょうか?

次回は来月。『魚の調査と観察~投網も体験!~』これも、また楽しみです。

朽木を割っている最中、クワガタの幼虫のほかにも、カミキリムシやゲジ、ハサミムシなどいろいろな昆虫との出会いがありました。

帰宅するとすぐ、昆虫図鑑で、出会った昆虫を確認する双子でした。

昆虫 (小学館の図鑑NEO)昆虫 (小学館の図鑑NEO)
(2002/06)
小池 啓一、町田 龍一郎 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Posted by 縫い工房 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

りんりん says..."道造さんへ"
おはようございます♪

自然クラブ 子供達にはいい体験ができますね!
したし boyくんもgirlちゃん 大きくなりましたね!girlちゃんは髪を短くしちゃったのですね!
2011.06.19 08:02 | URL | #- [edit]
toughgirl says..."いいな、いいな♪"
子供でなくとも、テンション上がりますね(笑)。
小さい頃、学校がえりに田んぼや林に行って遊んですっかり遅くなって・・・。
母が鬼の形相で立ってたのを思い出しました(苦笑)。

ビオトープなんて言葉も知らなかった時代です。
2011.06.19 16:37 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."りんりんさん"
自然クラブ、4年生以下は保護者同伴なのですが、親も楽しいです(*^_^*)

大きくなりました?
girlは去年のバレエの発表会終了後、肩ぎりぎりにカットしてしまい、レッスンの日は、髪をシニヨンにするのが大変です。
2011.06.20 00:19 | URL | #- [edit]
縫い工房 says..."toughgirlさん"
> 母が鬼の形相で立ってたのを思い出しました(苦笑)。

↑鬼の形相って・・・・想像できます。

大人も気が付くと、子供と一緒に夢中です!
2011.06.20 00:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/87-a21f5c86
該当の記事は見つかりませんでした。