縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

4kg

梅雨が明けたら暑くて、なかなか出かけられないので、浅草橋経由日暮里に資材の調達に参りました。
がま口問屋でDカン・ナスカン類だけ買うはずが、やっぱり買ってしまったがま口金
お店の方が、
「これよくできてるよ!」
とおっしゃって、「浅草橋ぶらぶらマップ」を下さいました。
リネンと口金
日暮里では、いつものお店を横目で見ながら、目的のお店にまっしぐら・・・。
悩んでお店の方と相談した後、リネン10m購入。
「はい、大体4kgありますよ。」
とお店の方が手渡してくれました。
本当にずっしりで、電話注文でも送っていただけたのですが、実物を見て選びたかったのです。
帰り道は殆ど舌切り雀の悪いばあさん状態でした。
「帰りに余力が合ったら買おう…。」
と目論んでいた布たちは、すべて断念・・・。

でもこれで、しばらくリネンは在庫があるので一安心
小学生の手芸教室「はじめてのミシン~A4サイズのバッグを作ろう!~」でもこのリネンを使います。
まずは、使う分だけ水通し…というよりこれは洗濯します。

さて、前々回の問題の答えを忘れていました。
こちらは糸立て。
E-sewing
家庭用ミシンで3000mや5000m巻きのミシン糸を使うときに使用します。
家では必要ないものですが、E-sewingさんで家庭用ミシンを使用する際、お借りしました。

それから、この写真はボタンホールアタッチメントを使用して、ボタン穴かがりをしている写真ですけれども、
ボタンホール
針板カバーを付けていません。
今更何を?
と思われるかもしれませんが、送り歯が下げられるタイプのミシンの場合、針板カバーを付ける必要がなかったのです。
何も考えずに、何十年も針板カバーをセットしていました。
E-sewingの社長さんに教えていただき、早速実践しました。

何も考えずに行動する・・・というのは、一番忌むべきことですね!
気をつかなければ!

おまけは、双子girl用プールバッグ。
プールバッグ プールバッグ
数年前作った信玄袋タイプが傷んできたので、プールの授業の前日に慌てて製作。
表はIKEAのビニールコーティング、内側は透明なビニールです。
せっかく作ったのに、双子girlは買って来たものだとつい先ほどまで勘違いしていました。

スポンサーサイト

Category :
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/907-856d72d2
該当の記事は見つかりませんでした。