縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

スマ・プリと黒い針レポート

Merry Christmas!
皆さま素敵なクリスマスをお過ごしですか?
縫い工房家は、「鶏の骨付きもも肉を一人2本ずつ食したい!」と欠食児童たち(大二男子も含む)が申しますので、本日のディナーがメインです。
サンタクロースが訪れるのも小学生までなのですが
「プレゼントはもらえるから、サンタクロースが来なくても別にいいや…」
とドライな発言の思春期双子。

閑話休題。

少し前に、スマ・プリというルシアンの商品を目にしました。
スマ・プリ
シートに図案を転写して布に貼り、その上に刺繍をした後、洗い流すと水に溶けるシーが消えてなくなる…という優れもの。
詳細はルシアンのサイトをご覧ください。こちら→🍀
一度使ってみたい…と思っていたら、Bunkaオープンカレッジ今年最後の授業で、野田はな子先生がこれを使った教材を準備してくださいました。
図案は、野田はな子先生の「六角福寿草」。
スマ・プリ刺繍 スマ・プリ刺繍 スマ・プリ刺繍

図案が印刷されたシール状のシートを布(これはウエディング用のシルクだそうです)に貼り、ロング&ショートSでシルクシェーディング。
シールの糊も針に着くことなく、指すことが出来ます。
ただ、刺繍をしているうちにシートの端がはがれてめくれ上がって来ます。これで、へたくそな私はどれだけ無駄に布に触れているかが分かりますね!?
自宅では、固定できる刺繍枠を使い、両手刺しに。
刺繍枠 家のは、いただきもののこの刺繍枠です。(画像お借りしました
2枚目の写真が刺し終えたところ、この後水で洗い流して干し、アイロンをかけたのが3枚目。
転写シートがきれいに落ちるので、図案の跡が残らず、安心です。
ただシール状のシートなので、織の荒い布や毛足がある布には不向き…と先生からご注意がありました。
スマ・プリ、緻密なデザインの図案には便利ですね。
25番刺繍糸1本のシルクシェーディングだったので、刺繡針ではなくて、普通の縫い針を使用しました。
黒い針 途中で、サンプルをいただいたクロバーさんの黒い針を使ってみました。商品詳細はこちら→🍀
特殊黒メッキ加工をしてあるので、布通りがよく錆びにくいという特徴ですから、手縫いを沢山される方や手に汗をかきやすい方に向いていると思います。
適度なしなり具合で、曲がることなく縫え、細い針で刺繍をする際にはストレスが少なくて使いやすい針だと思います。
1月の小学生の手芸教室で、小学生の生徒さんたちにもお渡ししますので、お楽しみに!

小学生の手芸教室、「ゆーから」さんをお借りした来年3月までの日程は以下の通りです。
1月21日(土) 「ちょこっと刺繍でミニがま口バッグチャームを作ろう!」
  1回目 13時~15時 満席 2回目 15時10分~17時j10分 残席1名様
2月18日(土) 「ふんわり刺繍糸で羊を刺繍しよう!」 サンプルお待ちください
  1回目 13時~15時 2回目 15時10分~17時10分 各回定員4名
3月18日(土) 内容検討中。
  1回目 13時~15時 2回目 15時10分~17時10分 各回定員4名

スポンサーサイト

Category : 刺しゅう
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/980-8cf316e5
該当の記事は見つかりませんでした。