縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

これは

これはカグー
刺繍 カグー

ニューカレドニアの森に生息する殆ど飛ばない鳥。
冠羽を立ててなわばりを主張する。
昔ニューカレドニアを訪れた時、ガイドブックに「ワンワンと鳴く」とあり、現地で犬の鳴き声を聞くと「カグー?」と冗談を言い合ったものですが、当然市街地ウロウロ歩いているはずもなく、会えなかった鳥です。
そんなカグーの鳴き声は「カグー 鳴き声」と検索すれば動画で見られる世の中になりました。

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年も、縫い工房のつれづれ日記、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、2017年の抱負は「縫い工房」であることです。
昨年は、度々の理不尽な出来事を「縫い工房であれば大丈夫!」と呪文のように唱えて乗り切って参りました。
縫い工房」として作品を作り、
縫い工房」として教室を継続し、
縫い工房」としてイベントその他を企画して、
いつも揺るぎなく「縫い工房」としてあり続けること。
それが、今年の抱負です。

2017年イベントが概ね決まりました。

1月は夢工房さんの「初春展」。
3月は夢工房さん最後の企画展「39展」。
5月がBunkaの生涯学習祭?どんな感じになるのか全く不明???
7月が「Handicraft Labo」…場所選定中、講師の皆さんにはご依頼済み。
夏休み親子企画は、まだシークレット…お楽しみに
10月は「Handicraft Artist展」…ギャラリービブリオさんに決定!
ご参加アーティストの方々は、最終ご相談中。
11月は「四季彩展」inふじみ野…これはプロデューサーppartさんにお任せしておけば大丈夫!

おおよそのイベントの間には、サンドイッチの具のようにオーダーと教室が入ります。
もちろん『小学生手芸教室』と『おとなの手芸・洋裁教室』は継続的に。
「布周辺のつくり物」を生業としていますが、「企画」も仕事として大事にして行こうと決意を新たにしました。

2017年も「縫い工房」企画のイベントや教室など、皆様のご参加、心よりお待ちしております。

新しい年に合わせて、愛用のバッグも新調しました。
布バッグ 布バッグ
いただきもののウールに虫食いを発見したので、何とか虫食い部分を避けて自分用に…小さい写真はクリックで大きくご覧いただけます。

スポンサーサイト

Category : 刺しゅう
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/984-8c6dddcd
該当の記事は見つかりませんでした。