縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

靴擦れ

如月がやって来て、日も少しずつ伸びているのが分かります。

靴擦れ」をご存知ですか?
靴と足が擦れて、痛い…あれではありません。

こちら。ズボンから1mmほどはみ出しているのが「靴擦れ」です。
net1_20170202061548617.jpg

大二男子成人式用のブラックスーツ、就活にも使えます。
男子は簡単でいいですね?
ところが、パンツの上げだけは母任せ。
購入したついでにお店で直してもらえばいいものを、なぜだか私に回って来ます。
中学生の制服のズボンにも、大二男子が中学生時代にはついていました。
双子boyの物は、制服をお願いするお店を変えたせいか?ありません。
筍男子中学生の制服ズボンの丈直しだけは(格安料金で)承っているのですが、最近の制服には靴擦れが付いていない物が多いようです。
筍中学生のズボンは、初めから丈出しが必須なので、面倒な靴擦れは付いていないのでしょうか?
制服ズボンの丈出しは、購入した制服取扱い業者に持って行けば、概ね無料でやってもらえます。
無料だから、初めから手間のかかる靴擦れは付けないのかな?

紳士服のビジネスパツンの内側には「靴ずれ」が付いていますね。
靴の踵に常にぶつかっているパンツのが擦り切れるのを防ぐための物なので、の下端から1ミリほど外に見えています。
パンツを平らに置いてみましょう。
こんな感じ。
net2_2017020206154978b.jpg

う~ん、黒だからよく見えない
皆さん、お手持ちのメンズパンツの裾をご確認ください。
後ろの中心部分のみ1mm程度出ています。
はみ出したわけではありません。
靴に当たって擦り切れたら、靴擦れ布だけ交換すればよいわけです。

筍男子中学生の制服ズボンは、裾が擦り切れる間もないほどすぐに、丈を直すことになります。
家で一番小さかった双子boyも、近頃背が伸びて、とうとう私が一番小さい人になってしまいました。

見やすい写真がないものかと探したら、「洋服修理のアネモネ」さんのブログが分かりやすかったので、
ご参考までにこちら→「洋服修理のアネモネ
日野市はお隣ですね

スポンサーサイト

Category : 縫い方
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nuikoubou0414.blog96.fc2.com/tb.php/997-da0ac1f3
該当の記事は見つかりませんでした。