布を求めて府中経由新宿

を探しに出かけました。
ドレスお直しの黒いタフタ、ベルト分を買ったものの微妙に黒味が違うのとか、小学生の手芸教室夏休み編のサンプルなど、どうしても実物を見て買わないと仕事が進まないので、まずは隣の市のレースのお店へ自転車で…。

晴れたので、お客さんが沢山来ていました。
洋裁好きのママ友にも偶然お会いし、近況を報告し合いました。
彼女たちも地元の頼れるミシン屋さん「E-sewing」さんに聞いて来た…と言っていました。
溢れんばかりではなく文字通り溢れているレースの中から目的のを探し…結局そこではレースだけ買い、一度帰宅。
改めて新宿に出ました。

流石、文化服装学院購買の生地屋さん、目的のは全て手に入りました。
レースいろいろは、1件目のお店で購入したものです。
Dilla布 Dilaお菓子
黒のタフタと紺の木綿(12m)、ついでにリバティ(2m)も購入。
Dillaさんの店長さんは、私が在職中からいらっしゃる方で、退職して随分経つ私を覚えていてくださるありがたい方です。
最近は、まずここに布を探しに行きます。日暮里より近いし、欲しいものは大体ここで揃います。
写真のお菓子はおまけ。
いつも何かしらおまけにお菓子を入れてくださるのですが、腹減り中学双子の話をして以来、申し訳ないくらい沢山くださるのです。
もちろん、帰宅すると一瞬で消えます。

Dillaさんのご協力で、小学生の手芸教室夏休み編「すずしいパンツを縫おう!」も昨年と同じくらいの受講料で開催できそうです。
Dillaさん、ありがとうございます!
サンプル、しばしお待ちください。

E-sewing国立店をお借りして、7月30日(月)に「すずしいパンツを縫おう!」を予定しています。

さて、Dillaさんで
「午前中に隣の市のレースのお店に自転車で行ってから、来ました。」
とお話すると、やはり生地屋さん同士、よくご存じでした。
「布地屋さんや手芸店がどんどんなくなって、困る。」
という話もして来ました。
相談しながら布を買うことが出来る、心強いお店です。

Dilla」は文化学園 購買部の中にあります。一般の人でも入れますので、是非足を運んでください。詳細はこちら→🍀

レースほりこし」詳細はこちら→🍀

材料がすべて揃ってほくほくでしたが、帰りの紙袋(心配して二重にしてくださいました)は、流石に重かったです。

イラスト カタツムリ 

関連記事

tag : 木綿 タフタ レース ほりこし Dilla 文化服装学院 購買 夏休み

Ripple NishiTokyo再び…あれ?三たび?四たび?

三月末に田無駅前にオープンした「Ripple NishiTokyo」にお邪魔しました。
アパレル業界の川上・川中・川下の一連の流れの中で、現役のパタンナーをされているSさんをご案内したのです。
今更ですが、いわゆるハンドメイドと言われる分野と、アパレル業界は、似ているようで全く異なる流れです。
しかし、その道のプロのお話は、いろいろと示唆に富んだものでした。
そういうお前はプロではないのか?
と問われれば、一応「布しごと・糸しごと」を生業にしているのですが、オーダーやイベントや教室etc.といろいろ取りまとめての「縫い工房」なので、時々、ハンドメイドなのか?仕立屋なのか?講師なのか?と自問する時があります。
言ってみれば、全部含めて「縫い工房」なのです。

閑話休題。

Ripple NishiTokyo」は創業サポート施設なので、手仕事関係で仕事を続けて行きたい、と考えている方に是非お使いいただきたい場所です。

スペースは準備されています。
手しごと工房」には、職業用本縫いミシンが2台・コンピューターミシン1台・ロックミシン2台・アイロンの設備が整っています。
他にも、様々な用途に合わせたスペースがあり、カメラの貸し出しと作品撮影用の備品も完備されています。
ここで、手仕事を仕事として初めてみませんか?
もう少し近かったら、私も毎日通ってそこで仕事をしたいと思う場所です。
これはチャンス!と考えて、是非行動に移してください。

Ripple  News」創刊号が発行されました。
Ripple NishiTokyo 
4月27日(金)に実施したミシン講習会の記事も右下に掲載していただきました。
今年1月から3月まで「リトマス」国立で「手しごと作家のパーフェクト講座」を開催され、今また西東京市に創業サポート施設「Ripple NishiTokyo」をオープンされた代表東様の、「手しごと」を仕事として継続していきたいと考えている方をバックアップしたい…という強い熱意を感じます。

7月6日(金)には「創業キックオフセミナー」が開催されます。
Ripple NishiTokyo 
そして、「Ritomas+ 始めよう「食」のおしごと。」第2弾も始まります。

待っていても仕事はやって来ません。
始めるのは自分自身です。

Ripple NishiTokyo HPはこちら→🍀

原型イラスト 

関連記事

tag : 手しごと ハンドメイド アパレル 創業サポート リトマス Ripple NishiTokyo 田無 ミシン 工房

洋裁初心者の為の気まぐれワンポイントアドバイスまとめ⑥~⑩

自由な洋裁を見てしまったので、初心者の皆さんのお役に立てればと思い、ぽつりぽつりワンポイントアドバイスを気まぐれにtweetすることにしました。
日々の仕事をしながらの写真撮影なので、脈絡なく、気まぐれですがご了承ください。
⑥~⑩のtweetをまとめました。

OPアドバイス⑥
待ち針やソーイングクリップを殆ど使わないで縫っています。指先で押さえられないポイントや布地を送り込む時には、目打ちを使います。気まぐれワンポイントアドバイス

OPアドバイス⑦ OPアドバイス⑦
パターンを引いたら、必ずパターンチェックをします。縫い合わせるライン同士の長さのチェック、縫いわせる面のラインのつながりは良いか?等(他にもチェックポイントは沢山あります。)自分以外の人のパターンを使用する場合もパターンチェックをしてから裁断→縫製をお薦めします。⑦

OPアドバイス⑧ OPアドバイス⑧
布目線は、パターンの端から端まで通して入れましょう。裁断する時、布目は重要です。市販のパターンは、印刷の都合上長く入れると煩雑になるので短く書いてあります。写す場合も自分でパターンを引く場合も、布目線はパターンの端から端まで!⑧

OPアドバイス⑨ OPアドバイス⑨
段差を縫う時、押さえ金の後ろがしりもちをついた状態だと、進まなかったりピッチエラーが出たりするので、共布等を同じ厚さに折りたたんで、押さえ金の後ろにかませて縫うときれいに縫えます。⑨

OPアドバイス⑩ OPアドバイス⑩
ギャザーは荒ミシンを2本(10㎜の縫い代設定で布端から5㎜と7㎜)かけて糸を引き、寸法に合わせます。※分かりやすいように写真では待ち針を使用していますが、通常はノッチで合わせるので待ち針は使いません。気まぐれワンポイントアドバイス⑩

気まぐれワンポイントアドバイス①~⑤はこちら→🍀

縫い工房Twitterはこちら→🍀

     

       Instagramはこちら→🍀

イラスト

関連記事

tag : 洋裁 初心者 ワンポイント アドバイス Twitter 縫い工房

「Handicraft Artist展~ものがたり~」@ギャラリービブリオ

新しい月がやって来ました。

今日は、10月に開催するHandicraft Artist展~ものがたり~」通称「ものがたり展」にご参加いただくアーティストの皆様をご紹介します。

Atelier Ju.Ju.      マトリョーシカ
epo-craft        クラフトかご・バッグ
おひさまハウス      ぬいぐるみ
かなねこや        動物手描きアクセサリー
Mahalo         ポーセリンアート・陶器のフードボール
Lunaria wool craft    羊毛クラフト
縫い工房         布しごと・糸しごと

             ※敬称略、五十音順

今回も国立駅近くの「ギャラリービブリオ」様をお借りして、
10月6日(土)13時~19時
10月7日(日)11時~17時
2日間、「ものがたり」をテーマに7人のアーティストの作品を展示販売予定です。

ビブリオものがたり という流れでテーマを決めましたが、だけでなく、それぞれの人や物にはひとつひとつの「ものがたり」があると考えています。

さて、アーティストの皆様が表現される「ものがたり」はどんな作品でしょう?
企画運営の私も、楽しみです。

これから10月まで、折に触れて情報をお知らせして参ります。
「ものがたり展」は、作り手も、お客様も、楽しんでいただけるイベントにしていきたいと思っています。
6日(土)は Atelier Ju.Ju.さんのマトリョーシカWS
7日(土)は Lunaria wool craftさんの羊毛WS
を準備中です。
詳細決まりましたらお知らせしますので、どうぞご参加ください。

ギャラリービブリオ」様HPはこちら→🍀

ものがたり展 


関連記事

tag : Handicraft Artist ものがたり 手芸 企画展 ギャラリー ビブリオ

イベントとグループ展

様々なイベントに参加させていただいていると、時に主催者側の運営ではらはらすることもあります。
自分主催の企画展の自戒の念を込めて…。
先日参加させていただいた「多摩クラフトマーケット」は、そういう意味で、説明会の段階から行き届いた進行で、安心して参加できるイベントでした。
参加するだけのイベントは、こんなに楽しく、またこんなに楽なのか!?と改めて思いました。
そして、自分主催の企画展でも見習いたいと思います。

先週表参道で開催中のグループ展にお邪魔しました。
結う人 編む人 縫う人 展 ~糸で繋がる作家たち~」ビーズ・フェルト刺繍作家のPieniSieniさん、糸こもの作家のkamacosan.さん、ニット&刺繍作家のpoliviさん3人のグループ展
詳細はこちらをご覧ください。→🍀
それぞれ世界観をそれぞれの技術とデザイン力で表現された、作品の数々を見せていただきました。
ハンドメイドイベントが数多く開催されている昨今、本当の手しごととは何か?と疑問に思う作品も見られます。
もちろん、量産的ハンドメイド作品作りも悪いわけではありませんが、それは縫い工房の目指すところではありません。やはり技術とデザインを兼ね備えた作品は、見る人の心をつかみます。
グループ展にお邪魔して良かった…と沢山刺激をいただいて参りました。

さて、どうして写真がないのか?

と言うと、デジカメユーザーの私、次に用事を控えていて荷物が多かったため、デジカメ持参するのを諦めました。

3人とも、去年のマガジンランド「贈る展」で、縫い工房も同じギャラリーに作品を展示していただいた方々です。
PieniSieniさんは、今やホビーショーその他あらゆるイベントやメディア、書籍で拝見する作家さん。
poliviさんは、一度アトリエにお邪魔した事があります。
kamacosan.さんは、作品にはお会いしたことがあるのですが、SNSでつながっていただいているのですけれど、今回初めてお会いすることが出来ました。
kamacosan.さんの作品で、これぞ!と思ったものは、既にお嫁入り済みでしたので、イベント終了後にiichiから購入させていただくことになりました。

楽しみです。

iichiにお世話になっておりますが、実は、作家さんの作品をリアルイベント以外のサイトで購入するは初めてなのです。
無事購入出来たらご報告しますね。

さてさて、また新しい週が始まります。
私も頑張らなくては!
イラスト ピンクッション


関連記事

tag : イベント グループ展 手しごと ハンドメイド iichi 多摩クラフトマーケット ギャラリーパレット

     
プロフィール

縫い工房

Author:縫い工房
「縫い工房」主催
婦人服・子供服・布小物・布花のコサージュのオーダーとWSを承っています。
専修学校教員資格認定
元文化服装学院講師
大学は何故か?国文学科卒

経歴詳細はHPをご覧ください。
https://nuikoubou-n.amebaownd.com/

❤お願い❤
出典表記のない作品は、縫い工房オリジナルパターン&デザインです。
無断転用、転載、複製、頒布を固くお断りします。
お問い合せは、メールフォームよりお願いします。


【作品委託先】「iichi」「minne」、「ゆーから」&「Rinowa」in 国立に少しずつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ワークショップ&イベント
WSリクエストも承ります。

🍀大人の手芸・洋裁教室in国立
日時:6月21日(木)10時~12時
場所:リトマス@国立
参加費:2500円受講料+材料費1000円
定員:6名
内容:9.9cmくし型がま口

以後 6/21・7/19・8/23・9/20・10/18・11/15・12/20
いずれも第3木曜日10時~12時

🍀「小学生の手芸教室~ミシンで縫ってくし型がま口を作ろう!~」
日時:7月30日(月)
1回目 12時45分~15時
2回目 15時~17時15分
場所:E-sewing国立店
参加費:2500円
対象:小学生
内容:すずしいパンツを縫おう!

以後 9月?日(?)in 未定

縫い工房 WEB SHOP
1素材

カートオープン中です。
↑のイラストをクリックしてお入りください。
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR
最新コメント
favorite
検索フォーム
いらっしゃいませ('11.10.18~)
月別アーカイブ
素材屋さん
素材屋