縫い工房 | 「縫い工房」布周辺の作品と制作つれづれ日記です。

Ritomas+「手しごと」作家のパーフェクト講座基礎コース第3回

Ritomas+「手しごと作家のパーフェクト講座基礎コース第3回は、「リトマス」代表 東希視子氏による、マーケティングお金の話でした。


実際に、自分の作品に様々な諸経費を計算して価格を設定し、受講生同士で評価し合うワークもあり、基礎コースとはいえ実践コース寄りの講座内容でした。

厳冬の時期ではありますが、受講生の皆さんの熱い決意を感じました。
リトマス 東氏 

ワークに取り組む受講生の皆様。
リトマス 東氏

さていよいよ次回からは、実践コースに入ります。

2/23 金)講師 フォトグラファー 赤石雅紀 「手しごと作品の写真撮影講座」は満席となりました。

3/9(金)講師 グラフィックデザイナー はらとしこ 「手しごと作家のための広告デザイン実践講座」では、基礎的なグラフィックデザインを学び、ショップカードを制作します。
詳細はこちら→🍀

3/23(金)講師 マクラメジュエリーデザイナー 瞳硝子 「手しごと作家」のリアル~経験談から学び、これからの道程を描く講座」では、現在多方面で活躍中の 瞳硝子 さんの経験談を伺います。
詳細はこちら→🍀

実践コースは、若干名単独受講お申込み承り中です。
2018年、新たな一歩を踏み出したい方へ、お薦めの講座です。

リトマス「手しごと」作家のパーフェクト講座フライヤー 

関連記事

WASURENAI 2018用がま口など

ここ数年参加させていただいている、「WASURENAI 2018」@昭和な家 が今年も開催されることになりました。
WASURENAI 2018」は、「きもチャリ」、「アーティストマーケット」、「チャリ茶&チャイBa」rなど、様々な企画を楽しんでいただくことで、東日本大震災復興支援チャリティにご参加いただけます。
詳細は、フラーレンHPをご覧ください。こちら→🍀

縫い工房は、がま口中心の作品で参加予定です。

プラがま口  プラがま口 プラがま口

プラがま口 Sサイズは、リバティいろいろ+α。
Mサイズは、インポートテキスタイルとリバティ&日本のテキスタイルデザイナーさんのオリジナル生地。
Lサイズは、ウールフラノに蝶のウールワークを施したものと、仏製洋裁柄。
3月9日(金)~11日(日)は、新井薬師前「昭和な家」にお出かけくださいませ。

最新の作品は、Instagramでご紹介しています。
宜しければご覧ください。こちら→🍀


関連記事
Category : イベント
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

インプットも必要!

Ritomas+「手しごと」作家のパーフェクト講座でもお話していますが、作品制作であれ、教室運営であれ、アウトプットの為にはインプットも必要です。

インプットは必ずしも自分の専門分野である必要はなく、美術館に出かけたり、違う分野の展示会を見ることでインスパイアされることの方が多いかもしれません。

さて、東京に思いがけず沢山雪が降った週に、母校文化服装学院オープンカレッジで「毛皮の基礎知識と再生方法」という1日がかりの講座を受講して来ました。
毛皮は、在学中にも自転車の距離の恩師の元でも学びましたが、忘れていることや新しく知る知識と技術も沢山あった充実した講座でした。
A5版のノートに12頁ほどノートを取りました。

講師の方の波乱万丈な一代記にも驚き、見習わなくては!と今後の自分の生き方にも深く思うところがありました。

実習で製作した、フォックスのぽんぽんブローチとヌートリアミンクのカメリアブローチがこちらです。
毛皮のブローチ 

毛皮も他の素材も、人間以外の生き物や植物の命をいただいているということを理解したうえで、大事に使用していくことが大切です。

という先生のお言葉に深く頷いて参りました。
そして、毛皮を扱う時に注意するべき点は、2つだけなのだそうです。
その2つだけをきちんと守れば、自由に何でも制作することが出来る。

そう先生はおっしゃいました。
シンプル且つ自由です。

関連記事
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

オーダーと委託とイベントと

Ritomas+「手しごと」作家のパーフェクト講座で、オーダー委託とイベント参加について、(偉そうに)お話しています。


オーダーに関しては、もちろん、お客様のご要望に最大限お応えするのが一番です。
例えば洋服であれば、こうするともっと似合う、良く見える、着心地が良い…ということはアドバイスしますが、最終的にはお客様のご希望が最優先。
そこに「縫い工房」の技術は反映されても、「縫い工房」の作品テイストは表現されません。
自分の守備範囲外のデザインであっても、お客様のご要望にお応えします。
また、「縫い工房」オリジナル作品を気に入ってくださって、そのテイストに沿ったオーダーをいただく場合もあります。このケースは、「縫い工房」の技術とデザインに沿ってお作りします。
いずれにしても、オーダーはお客様から課題をいただくという点で、いつも真剣勝負のお仕事です。

次に作品委託ですが、これは、自分の作品のテイストに合う委託先を見つけるのが大切です。
条件もよく確認して、自分の作品を大切にしてくれるオーナーさまと出会えると幸せですね。
中には、不動産のように場所貸し料金だけ入ってくれば良いという考えのところや、ハンドメイドブームに乗って、作家が作った作品を大量生産の「商品」と同じ扱いをするところもまれにあるので気を付けましょう。
オーナーさまのアドバイスが的確なところは、作家も成長できるので、win,winな関係が築けると長くお付き合いできると思います。
作品は、同じものがずっとあると「売れ残り感」が否めないので、定期的に入れ替えすることが大切です。私は、1か月を目途に、作品の入れ替え(半分でも)を心がけています。

イベントは、もはや各地で様々な形態で開催されている現状です。
いきなり参加しないで、自分が参加したいイベントはまず下見に出かけましょう。
フリマ・バザー作品レベルのイベントは、価格設定の時点で戦えません。
同じイベントでも、天候その他で雰囲気が変わります。一度目が駄目でも2度目は盛り返す場合もあります。

さて、「縫い工房」はここ数年、外のイベントには出ないことに決めていました。
今回Ritomas+「手しごと」作家のパーフェクト講座でお話しているタイミングで、5月のイベント(戸外!)にお声がけいただきました。
講師自身も、講座に背中を押される形でイベントに参加することに決めました。
さて、お外のイベントどうなることやら?
作品と什器の搬入搬出は、大三男子に送迎運転手依頼済みです。
5月には大四男子になっているはずですが、運転手大丈夫かな?
追って、皆様にはいろいろご報告いたします。

Ritomas+「手しごと」作家のパーフェクト講座、実践コースは単独受講が可能になりました。
2月23日(金)フォトグラファー 赤石雅紀先生の写真講座は満席となりました。
3月9日(金)グラックデザイナー はらとしこ先生の「手しごと」作家のための広告デザイン実践講座は、まだ若干名お席があるようです。
詳細はリトマスHPをご覧ください。こちら→🍀
3月23日(金)マクラメジュエリーデザイナー 瞳硝子先生の「手しごと」作家になるまでのリアルなお話では、業界の裏表のお話も伺えると思います。質問事項を準備して、積極的にご参加いただけば、必ず身になる講座です。こちらもお申込みその他詳細は、リトマスHPをご覧ください。
こちら→🍀

※3月9日(金)グラフィックデザイナー はらとしこ先生の講座では、すぐに役立つショップカードを制作実習できます。
手しごとセミナーはらさん

関連記事
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback

おとなの手芸・洋裁教室2月はキット発売記念特別企画

国立駅徒歩3分の「リトマス」をお借りして開催している、おとなの手芸・洋裁教室2月は、『縫わずにできるがま口印鑑ポーチ』キット発売記念特別企画とします。

縫わずにできるがま口印鑑ポーチは、縫い工房のがま口教室カリキュラム初回で実習するアイテムです。
受講料2500円+材料費1800円=4300円のところを、キット価格2000でご参加いただけます。

おとなの手芸・洋裁教室~縫わずにできるがま口印鑑ポーチキット講座~
【日時】2月15日(木)10時~12時
【場所】リトマス 国立駅徒歩3分 アクセスはこちら→🍀
【参加費】2000円 ※受講料+材料費含む特別価格
【持ち物】布切り鋏・マイナスドライバー(目打ち)
【お申込み・お問い合わせ】ブログサイド欄のメールフォームまたは、nuikouboun★yahoo.co.jp(★を@に換えて)お名前・当日ご連絡が取れる電話番号・刺繍希望の場合は「刺繍希望」と記載の上、お送りください。
【定員】10名
がま口印鑑入れキット  がま口印鑑入れキット がま口印鑑入れキット

キットのリバティはフィッツジェラルドのみですが、今回「おとなの手芸・洋裁教室」では6種類のリバティの中からお好みの生地を選んでいただきます。
リバティ生地 ※写真はクリックすると大きくご覧いただけます。

キャンバスワークの刺繍を実習してから、がま口に仕立てる場合はプラス600円(合計2600円)でご参加いただけます。
こちらは時間内完成出来ないため、ご自宅で刺繍を仕上げていただいてからがま口に仕立てていただきます。
カウントワークの印鑑がま口  カウントワークの印鑑がま口 カウントワークの印鑑がま口

※お申込み時に、「刺繍希望」とご記入ください。

特別企画のがま口印鑑ポーチ教室、この機会に「縫わずにできるがま口印鑑ポーチ」を作ってみませんか?

関連記事
Category : 教室
Posted by 縫い工房 on  | 0 comments  0 trackback